おすすめ謎解き漫画ランキング

51ZMTRXTK3L こんにちは!マンガーレ運営です。
このページをみてるという事は、おすすめの謎解き漫画をさがしているという事でしょうか?
ここでご紹介するランキングはマンガーレに集まった1万人を超えるマンガ好きの口コミにより選出された人気漫画のランキングです。
ぜひ参考にして、素敵な漫画と出会ってくださいね!
※ちなみに左側から連載状況や巻数、また作者や雑誌名、そして漫画に含まれる成分などで絞り込んでさがす事もできますので、ぜひいろいろと活用してみてくださいね!
それでは、おすすめ人気漫画ランキングを紹介していきます。 今後はこの説明を非表示にする

ランキング更新日: 2021年08月28日

並び替え

1 名探偵コナン

連載中 巻数 : 104

51ZMTRXTK3L

あらすじ・ストーリー
大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持つ高校生探偵・工藤新一。ある日、幼なじみの毛利蘭と遊園地へ遊びに行った帰りに、の組織の取引現場を目撃する。取引の模様を見るのに夢中になっていた新一は、組織のもう1人の仲間に気付かず殴り倒され、口封じのためにその男に毒薬を飲まされるが、組織が知らなかった薬の副作用によって神経を除いたすべての組織が退行し、小学1年生となってしまう。そのため小さくても推理能力は大人顔負けという状況を生みだした。 自分がまだ健在であることを組織に知られれば再び命が狙われ、周りの人間にも危害が及ぶ。何とか生き延びた新一は、正体を隠しながら謎の組織を追うために、周囲には阿笠博士の遠い親戚である江戸川コナンと名乗る。の父親で探偵の毛利小五郎の家に居候し、周囲で次々に起こる事件を持ち前の推理力で解決しながら、元の身体を取り戻すために謎に包まれたの組織の陰謀を追っていくことになる。子供の姿のままで推理を披露しても信じてもらえないため、発明家の阿笠博士の作った時計麻酔で高校生以上の人物を眠らせて、変声機でその人物の声になりすまして推理ショーを展開する。ほとんどの場合、眠らされるのが毛利小五郎のため、小五郎は名探偵と評されるようになる。 [wikipediaから引用]

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

おもしろい

2 魔人探偵脳噛ネウロ

完結済 巻数 : 23

31TAYB8NVRL

あらすじ・ストーリー
「脳髄の空腹を満たす」という奇妙な動機でを食す奇妙な習性の探偵が、魔界の奇妙な道具と能力で、奇妙な事件を解決する!奇妙なフルコースをたっぷりじっくりご賞味あれ。あなたも癖になること間違いなし!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

絵が下手ってのは暗殺教室でも言われてると思いますが、物語と魅力的なキャラクターがそれを補ってると思う。

ジャンプ00年代の代表作です。 魔界から人間界にやってきた「謎」を食べて生きる魔神「脳噛ネウロ」が、彼に目をつけられた女子高生「桂木弥子」と共に、良質な謎を収穫するために探偵事務所を開き、奇妙に満ちた謎を持つ事件に触れてゆくストーリー。 一見、ミステリーものっぽいタイトルですが、ミステリー色は薄く、ジャンルとしてはファンタジーが近いと思います。 一応、事件が発生し、不可解な状況、矛盾した発言から推理を進めて犯人を特定する、推理漫画っぽいフォーマットで話が展開します。 探偵役は桂木弥子ですが、実際のところ謎を解き明かすのは魔界の謎を食べ尽くしたネウロで、『先生(弥子)に代弁させていただく』という名目でネウロがトリックの解説を行います。 細かな失言や僅かな痕跡から真実を導き出す展開は他の推理漫画同様なのですが、読者にそのヒントは十分与えられておらず、読者も一緒に考えられるような側面は設けられていないです。 推理というよりも、悪事がバレた後の犯人の豹変っぷりを楽しむ作品だと思います。 特に、人気レストランのオーナーシェフが犯人だとバレたときに、逃走を図るため血管から直接薬物たっぷりのスープ"ドーピングコンソメスープ"を注入し、ムッキムキの肉体になるシーンはインターネットスラングとしても有名ですね。 序盤は事件があってその謎を解き明かす短話が続くのですが、中盤より犯罪欲求を増幅させる電子ドラッグをばらまく犯罪者『電人HAL』編、ネウロのライバル的な存在である人知を超えた存在Xi(サイ)との決着を描く『Xi』編、"新たしい血族"を名乗る人物による犯罪に立ち向かう『シックス』編など、数巻ほどの長さの話が入ります。 バトルの割合が増えてくるのですが、どれも完成度は高く、個人的には中弛みなく最後まで面白い作品だったと思います。

3 金田一少年の事件簿R

完結済 巻数 : 14

51kTfv4iTlL

あらすじ・ストーリー
50年前、仮面をかぶった大男が村人達を惨殺したという雪鬼伝説。この噂が残る雪鬼ヶ岳のスキーリゾートにスタッフモニターとしてやってきた一(はじめ)と美雪(みゆき)。主催者のIT企業関係者、招待客とともに楽しいひとときを過ごすはずだったが……。やがて起きる不可解な事件! 雪鬼ヶ岳に潜む雪鬼の伝説が、恐怖へと姿を変え、人々を喰らう!!

4 SKET DANCE

完結済 巻数 : 32

51oG6Aly-GL

あらすじ・ストーリー
スイッチ、ヒメコ、ボッスンの三人が変な依頼人からの変な依頼を解決!三人と依頼人たちのテンポの良い掛け合いは一度ハマると抜け出せませんよ。おまけも充実で読み応えがあります

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

銀魂 空知先生のアシスタントをしていた経歴のある篠原先生。 やっぱりギャグ回がおもしろい!!! シリアス回との緩急にどぎまぎします。 連載は終わってしまいましたが銀魂共々大好きな作品です!

銀魂作者の空知先生の元アシスタントいうこともあり、ギャグは秀逸だと思います。 笑いだけかと思えばシリアスな展開もあり、その点も銀魂に似てますね。

学園のトラブル解決を活動内容とする「スケット団」のメンバーを主人公にした学園マンガ。 週刊少年ジャンプで約6年間連載され、アニメも1年と半年という長期放映されていた人気作です。 時には数話に跨ることもありますが、基本は一話完結型のギャグマンガで、スケット団のメンバーが、学園の仲間たちと悩みを解決したり、戦ったり、ダラダラしたりする内容です。 ジャンプマンガですが、バトルに移行したり「~編」みたいなストーリーマンガにならず、基本的に一話から最終話までフォーマットは変わりませんでした。 時々、泣ける系のエピソードを挟むあたり、作風は銀魂に似ていると感じました。 実際、作中銀魂とのコラボ会もあり、親和していましたね。 ちなみにSKET DANCEの篠原先生は、銀魂の空知先生のアシスタントをしていたそうです。 そのため、銀さんファンは本作も楽しめるのではと思います。 ゴーグルをつけると集中力がまし、そして絵がうまいという主人公にしては地味な特技を持つ「ボッスン」、元悪名高い伝説のヤンキーで関西弁のツッコミ役「ヒメコ」、情報通でアニメ好きのイケメンで、パソコンの合成音声でしか会話をしない「スイッチ」の3人がスケット団のメンバーです。 スケット団に持ち込まれた依頼の解決をする展開が多く、捜し物の依頼から、試合の手助け、聞いたこともない競技を盛り上げる手伝いをして欲しいなど、内容は多岐にわたります。 そんな部活動を認めない生徒会との確執が描かれたり、3人の過去編や、高校生らしい恋愛ドラマもあります。 ミステリーを解き明かしたり、ヤンキーを叩きのめしたり、オカルトだったり、ビジュアル系バンドだったり、熱いオタク談義を繰り広げたり、ゲス野郎とゲス発言をして女の子に殴られたり、マンガの法則を乱すキャラの相手をしたり、急にクイズを始め出したり、通して読んで改めて思い返すと本当にいろいろなことをやっていたんだなと驚きます。 そんな学園生活が終わる最終回はかなりグッとくるものがあり、誤読感はすごく良かったです。 "劣化銀魂"と(コラボ回で銀さんに)揶揄されることもありますが、女性キャラはかわいく、テンポも良く読みやすい名作でした。 篠原先生は連載作品としては次回作になる彼方のアストラも名作なので、併せておすすめです。

5 探偵学園Q

完結済 巻数 : 22

5116Qzn58sL

あらすじ・ストーリー
探偵学園のメンバー五人が協力して事件を解決に導いていく。それぞれ、誰にも負けない特技をもっている。「一人で解決するのではなく、みんなで力を合わせて解決する」このワクワク感が、この作品の最大魅力。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

金田一少年の事件簿の人の作品ですと言えば想像つくと思います。こじつけに近い推理物は嫌いですのでこの評価

"金田一少年の事件簿"で有名なさとうふみや・天樹征丸コンビの作品。 金田一少年の事件簿の連載終了後に週刊少年マガジンで連載されました。 金田一少年の事件簿同じく推理者ですが、大きな違いとして、本作は殺人事件の発生とその解決がメインではないです。 金田一少年の事件簿では、数話続けてある連続殺人事件の発生とその解決が描かれますが、本作はタイトルの通り"探偵学園"という、探偵業を教える架空の学校で成長していく主人公たちの姿に焦点があたっています。 基本的には「キュウ」という名前の少年が中心ですが、Qクラスに選抜された5人、メグ、リュウ、カズマ、キンタもまた主人公であるといえます。 探偵マンガですが、学園モノのような側面もある作品ですね。 深い観察力、推理力を持ち、幼い頃から探偵を志している「キュウ」は、夢を叶えるために伝説の名探偵「団守彦」の設立した探偵養成学校(D.D.S.)に入学します。 そこでの試験を実施するために霧咲島へ訪れた選抜メンバーだったが、「メグ」と共に"国立能力開発研究所"からきた受験生の一人「三郎丸 豊」が、惨殺死体となって発見されることでストーリーが始まります。 その後、「キュウ」を始めとする5人は謎を解き明かし、Qクラスに所属、様々な不可解な事件を解き明かす展開となります。 また、ストーリーが進むにすれて、殺したい人がいる人物に近づき殺人計画を授けて報酬を得る集団"冥王星"の存在が明らかになります。 裏で手を引いている冥王星の正体を追う内に、キュウの父やリュウの秘密、天才芸術家・九頭龍匠の創作物の謎とD.D.S.の関係などが明らかになってゆくストーリーです。 金田一に比較すると、話がひとつづきでライトには読めないところがあります。 4クールでアニメ化しドラマも好評でしたが、編集部の決定によって金田一少年の事件簿の続編連載をすることとなり、打ち切りに近い形で終了しました。 そのため、ラストは駆け足で伏線回収が行われているのが残念でした。 ただ、過去の因縁や隠匿された事実が少しずつ解き明かされる展開は読み応えがあっておもしろかった。 良作ですが、単行本全22巻とそこそこ長く、全話読まないとすべての謎が完結しないので注意が必要ですね。

6 万能鑑定士Qの事件簿

完結済 巻数 : 10

51IycINZDeL

あらすじ・ストーリー
東京都内全域に貼られている不可解な“力士シール”の謎を追い出逢った鑑定士・凜田莉子と週刊誌記者・小笠原斗。真相を解明すべく奔走する二人は日本全土を震撼させる大事件へと巻き込まれていくことになる。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

51V5OLQNsRL

あらすじ・ストーリー
中学時代の友人・緑川(みどりかわまゆ)と会うため金田一と美雪は、山奥にある久井(ひとくい)を訪れた。昭和の街並みを再現したかのようなその村に、繭が所長をつとめる「仁久井村未来エネルギー開発研究所」、通称「人喰い研究所(ひとくいラボ)」があるのだ。旧友との再会を喜んだのも束の間、外界から隔絶された研究所で、次々と恐るべき殺人事件が……!!

8 宗像教授異考録

完結済 巻数 : 15

3191MN8HZRL

あらすじ・ストーリー
考古学者・宗像教授。彼の奔放なイマジネーションで、「浦島太郎」「竹取物語」といった昔話に隠された、驚くべき真実が解き明かされて行く過程は、古代人達の想いや息遣い迄伝わって来て、とてもスリリングです。アカデミックなテーマにも関わらず、教授やそれを取り巻く人々の人生も、ユーモアを交えて丹念に描かれているのも、好感度高し。

9 金田一少年の事件簿

完結済 巻数 : 27

511GDPN2Q0L

あらすじ・ストーリー
名探偵金田一耕助を祖父に持つ高校生・金田一一(きんだいち はじめ)が、幼馴染七瀬美雪(ななせ みゆき)や親友・剣持勇警部、ライバル健悟警視らと共に、遭遇する難事件を、祖父譲りの抜群の推理力で次々と解決していく物語。 本格的なミステリーを題材とした漫画であり、推理漫画ブームの先駆けとなった作品である。特徴としては多くの事件が連続殺人であり、プロローグからエピローグまでを数ヵ月かけて連載し、さらにクローズド・サークルと呼ばれる「絶海の孤島」や「吹雪の山荘」などでの隔絶された状況下での事件が多い。また、他作品の探偵達と違い、主人公である一(はじめ)は推理力こそ優れているものの、それ以外の点では一般人と変わりないため、調査上の専門的知識には乏しく、警察関係者等から聞かされたりして初めて知ることになる場合がほとんどである。 ほぼ毎回、犯人には「怪人名」とされる代名詞的な二つ名がついており、その不気味な名前をした犯人が登場人物の誰なのかを当てる醍醐味がある。事件の登場人物に覆面やマスク、あからさまな偽名などによる怪しい人物がいることが多いことも特徴である他、事件に関わる土地や建物にまつわる伝承、都市伝説、噂などが怪人の名前に結び付けられていることも多い。 1995年(平成7年)、第19回講談社漫画賞少年部門受賞。単行本の発行部数は9000万部を突破している。通常の単行本の他に文庫版、蔵版なども発売されている。[wikipediaから引用]

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

弟が、誕生日に、コナン欲しいって言ってたのに、強引に買わせた漫画がこれ。 当時は、サイコメトラーEIJIと両頭で、みんな、犯人探し、トリック探しにやっきでした。 ドラマ化も堂本剛さんでやられてたかな。 アニメ化も、されてて、美雪の声が、中川亜紀子さんでした。

読んでいて悲しくなる話が多かったです。 殺人はもちろんいけないけど、犯人に同情してしまうことがしばしば それにしても殺し方がエグい・・・

10 スパイラル ~推理の絆~

完結済 巻数 : 15

51C4T18Z9CL

あらすじ・ストーリー
二年前、に「ブレード・チルドレンの謎を追う」と告げて失踪した兄、鳴海清隆。その日を夢で見て、兄が消えてから二年たったと思い出した歩は、学園で起きた殺人事件に巻き込まれてしまう。だが事件が解決した時、この事件はブレード・チルドレンと何か関わりがあることが分かった。そして歩はブレード・チルドレンと深く関わっていく事になる。歩の知恵と勇気と運で事件を解決するミステリー漫画。神と呼ばれた鳴海清隆を、歩は超える事が出来るのか!?

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

 一言でいうならば『ファンタジーを妄信する人達を動かすミステリー』  世間から神と呼ばれている兄を持つ主人公が探偵役を務めるミステリー作品。  ただ、コナンや金田一みたいなミステリー作品よりも、アクション色や頭脳戦が多くハラハラする展開を楽しむことができます。  物語の筋をまとめて説明するとネタバレになってしまうため伏せるが、読んでみることをお勧めする。  最後に一言  名作です。

スリル満載で、推理も割としっかりしていて、とても面白かったです。 伏線も回収できていて、とてもよかったと思います。 個人的には絵も好み。 アニメを見た方、ぜひ原作を読んでください。 内容全然違います。 正直アニメは最悪。 まあ、違う作品だと思ってみれば面白いのかも?

ネタバレをするか否か、すごく悩む。 人生でいちばんネタバレするか否か悩む漫画。

51J9Y9AAVKL

あらすじ・ストーリー
「ひぐらしのなく頃に」シリーズの中でも異様な雰囲気を纏うヒロイン宮レナ。何故レナは執拗なまでにオヤシロさまにこだわるのか…。今、レナとオヤシロさまの関係が明かされる―。誰よりも必死に生きてきたレナ。過去と現実に縛られ、少しずつ狂っていくレナの姿はあまりにも悲しすぎる。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

「ひぐらしのなく頃に」罪滅し編のコミカライズ。 "綿流し編"の舞台裏が語られていた目明し編とは違い、出題編の特定の章に対応した解答編ではなく、基本的に新章となっています。 ただ、鬼隠し編での前原圭一の体験に関する解が述べられており、他の章で語られた内容を"思い出す"というメタな表現が初めてされる章となります。 ストーリーは前半はレナ目線で語られます。 レナにはお人好しの父と、そんな父を見捨てて知らない男と家を出た母がいたのですが、ある日、父からリナと名乗る女性を紹介されます。 リナの言う通り貯金を切り崩す父に不信感を抱くレナだったが、ある日、リナの正体に気づいたレナは、日常を守るためある決心をするという展開です。 本作も前作に続き直接的な殺人描写があります。 残虐性が高く、日常が崩壊し、非現実が現実となり狂っていく様が描かれる展開は引き込まれます。 本作においては竜宮レナが狂っていくのですが、終盤のバトルシーンは"ひぐらしのなく頃に"一番の名シーンとして有名な場面で、ゲームで1度読んでいましたが感動しました。 序盤の水鉄砲の伏線がここで出てくるのも見事。 そこからまさかのハッピーエンドと思いきや。 ここまでの章からネット民のユーザー考察で出てきた"未知のウイルス説"、"宇宙人の仕業説"が作中で一笑に付される内容になっています(否定はしていない)。 また、古手梨花の神秘性が増すシナリオですね。 昔昔ゲームでやって以来でしたが、色褪せず楽しめました。 次回作はいよいよ当時真面目に考察していた組をボコボコにしてしまった、アレの登場ですね。

51oORskY-kL

あらすじ・ストーリー
幾度となく繰り返す昭和58年6。そして、繰り返されてきた惨劇。に彩られ深い絶望に満ちたこの雛見沢で、運命という牢獄に閉じ込められた一人の少女・古手梨。彼女は再び決意する。命を打ち破るために、もう一度戦う!「ひぐらし」の世界を支配するルールが明かされ、に満ちた物語の深奥に迫る「皆殺し編」、遂に開幕!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

「ひぐらしのなく頃に・解」3作目、皆殺し編のコミカライズ。 考察班の反感を買った、まさかの人物・古手羽入登場の巻です。 過去章の裏の話などではなく、完全に新章ですが、ゲームプレイ時には鬼隠し編で圭一が聞いた足音などの伏線回収のシーンがあったように思いましたが本作中に描かれていなかったです(うろ覚えなところもありますが)。 その他、羽入登場により説明可能な事象のネタばらし部分が大きく割愛されているように感じました。 過去の怪奇現象の説明が十分されていないと感じるかもと思いましたが、完全にコミックス読みの方的にはどうなんでしょうね。 ただ羽入の登場や、ヤマイヌと呼ばれる特殊部隊の存在、雛見沢症候群というご都合主義な奇病というむちゃくちゃな伏線回収が本作で行われるため、些事は割といいと思えるかもしれないです。 主役は古手梨花です。 実は同じ世界を何周もしていた彼女は、ありきたりな展開と自分が殺される未来に、既に諦めを持っていましたが、過去の出来事から学習して行動するような部活メンバーの動きに、いつもと違うものを感じる。 振ったサイの目が6ばかり出るようなその世界で、未来を手にするためにもう一度足掻く決心をしたのだが、という展開です。 本作は最初に述べたような、作品全体に関わるとんでもない説明が登場し、当時、ネット民のバッシングの声が少なからずあったことを記憶しています。 ただ、まあ私的にはもはやそれ以外説明できるものはないのではと考えていたので、基本的に「ふーん」と思っていました。 ですが、角の生えた美少女が「オヤシロ様なのです。あぅあぅ」と現れたのはさすがにたまげました。 これにより、ひぐらしはもういいやとなって、最終章はゲームでやらないまま今日に至ってます。 そのため、次回作は私、完全に知らない内容なので、非常に楽しみです。 本作もラストはバッドエンドです。 ただ、事象の説明はほぼ済んでいて、次回、最終章に向けた終わり方になっています。 圭一達は、彼らが望む結末へ進むことができるのか。祭囃し編も楽しみです。

51--XH7k-8L

あらすじ・ストーリー
舞台は昭和57年。双子の妹という事で忌むべき存在だった園崎詩音は、園崎家頭首の意向に背き興宮の街に戻ってくる。詩音を襲う不安と孤独。だがそんな彼女の前に一人の少年が現れる。彼の名は北条悟史。悟史との出会いが詩音の運命を大きく変えていくのだった! 「ひぐらしのなく頃に 綿流し編」で語られなかったが、今明かされていく――!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

「ひぐらしのなく頃に」解答編1作目、目明し編のコミカライズ。 出題編の2章・綿流し編の舞台裏で、園崎詩音の視点で語られています。 出題編までは全てコミック全2巻にまとめられていましたが、解答編からは巻数が増え、本作も全4巻となっています。 全寮制の学園を抜け出して、故郷に戻ってきた園崎詩音は、園崎家にその事が盛れるのを恐れて輿宮で園崎魅音を語り生活を続ける。 そんな折、魅音のクラスメートである北条悟史に出会い、少しづつ彼に惹かれてゆく。 そんな折、北条悟史と妹の沙都子をいじめていた彼らの叔母が殺される事件が起き、悟史は容疑者として警察に連れていかれそうになるが、とっさに詩音は、自分が魅音では無いこと、二人でいたアリバイがあるという嘘の証言をしてしまう。 園崎家に連れてこられた詩音は、園崎家当主・園崎お魎の前で、"けじめ"をつけさせられる。 この"けじめ"のシーンを初めとして拷問や殺人を実行するシーンが多く、寒村舞台にしたミステリーというよりは残虐性の高い展開が印象深いです。 復讐という名のもとに、部活メンバーや村の権力者が次々に殺されますが、過去の、"何が起きたかよく分からないまま殺されていく"という展開に比べると、解答編らしい分かりやすい内容だと思いました。 ただ、結局のところ詩音の考えたシナリオは正解ではなく、重要な部分は本作を持ってしても依然として闇の中となっています。 本作で描かれたのは、あくまでも綿流し編の舞台裏であり、惨劇の答えは次回以降の物語を読む必要があります。 ただ、綿流し編で起きていた不可解な事象の一部は解消されており、パズルのピースがハマるようなおもしろさがありました。 ラストはまだやっぱり後味が悪い感じです。 次作も引き続き読む予定。

14 鬼燈の島

完結済 巻数 : 4

4137yaai7uL

あらすじ・ストーリー
住人わずか10人のにやってきた鈴原心と夢の兄妹学園、そして島にはいわくありげな雰囲気が漂う。そんな中二人は、同級生の力から「先生たちはなにか隠している」と告げられる…実力派作家の三部けいが描く、確かな怖さを持った良作です。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

めちゃくちゃ面白かった。ストーリー違うけど、どことなく僕だけがいない街に似てるなと思ったら、僕だけがいない街の作者が描いた作品でした。 約束のネバーランドが好きな人は好きかも?

15 Q.E.D.証明終了

完結済 巻数 : 50

51B5czwrKHL

あらすじ・ストーリー
MITを卒業して日本の普通の高校へ編入した探偵役の天才少年・燈想と、その助手の役回りである彼の同級生で体力と快活な性格が取り得の女子高生・水原可奈が様々な事件や問題を解決していく。[wikipediaから引用]

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

マサチューセッツ工科大学を15歳で卒業した後、普通の高校生活を送ろうと日本で高校生をする天才数学少年が主人公の推理漫画の第一部。 数学者らしく、論理的に事件を推理する。

16 カガミガミ

完結済 巻数 : 5

51VGzBqlIsL

あらすじ・ストーリー
そう遠くない未来。崩壊した世界の中で、一つの孤独が、かつて共に過ごした1人の式神つかいとの記憶に、思いを馳せていた。 時は遡り現代。物に触れることで、その所有者とを繋ぐ光の糸を見ることができる不思議な力を持つ美好子は、探偵を目指すも上手くいかずにいた。そんな中、都内の公園で起きた殺人事件の調査に赴いた真子は式神つかいの少年・嘉神恭介と出会う。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

全五巻で完結。ラストの展開が急ぎ足だったところを見ると打ち切りだったのかな。。。 これから面白くなりそうに風呂敷広げたところでの終わりだったので残念感が強いです。 次回作に期待します。

17 セキセイインコ

完結済 巻数 : 5

51gF2Uh0CcL

あらすじ・ストーリー
東京新宿歌舞伎町で、を遂げた少女。時を同じくして突如記憶を失った少年・金田七(かねだ・なな)。そして、悩み苦しむ彼の前に現れた記憶の化身“メモリー”。物語は、ここから始まる。そして、七の前に続々と現れる己の“記憶”に絡む事件と刺客たち。苦しみながらも、彼は決意する。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

展開の早さは好き。

18 ビブリア古書堂の事件手帖

完結済 巻数 : 6

51Ux1DY-6%2BL

あらすじ・ストーリー
就職浪人中の五浦大輔は、祖母の遺品の夏目漱石全集に書かれたサインの鑑定のために、ビブリア古書堂を訪れる。なりゆきで、入院中の店主の元を訪ねると、そこには高校のころ偶然見かけた美しいの女性・篠川栞子がいた。人見知りだが古書の知識は並大抵ではない栞子は、夏目漱石全集にまつわるを読み解き、大輔に語り始めた…。これは、栞子と奇妙な客人達が織り成す、“古書と秘密”の物語である――。

19 逆転裁判

完結済 巻数 : 5

61KNZ415KAL

あらすじ・ストーリー
法廷…というと厳かでピーンと張り詰めた冷たい空気が流れ、淡々と論弁が交わされる…と思ったら大間違い!ゲーム版の熱さ・そのままに進む討論は見ていてコッチも燃えてくる!「諸君。法廷で待ってるぞ!」

20 GOSICK

連載中 巻数 : 8

51WxeOVO0CL

あらすじ・ストーリー
東洋の某国から西欧の小国・ソヴュールの学園に留学してきた久城一弥。彼はある日、殺人事件に巻き込まれ、犯人扱いをされてしまう。その殺人事件をきっかけに…その殺人事件をきっかけに一弥はある不思議な女の子・ヴィクトリカと出会い物語が動きます。

21 喰いタン

完結済 巻数 : 16

21NEVEJ3WDL

あらすじ・ストーリー
その名の通り、主人公高野聖は超ド級の喰いしん坊で、警視庁の警部が捜査協力を要請するほどの名探偵でもある。独特なのが捜査手法で、現場にある食べ物からヒントを得て事件を解決するというもの。グルメサスペンスが同時に味わえる、一冊で二度美味しい作品。

22 ダンデ・ライオン

連載中 巻数 : 8

noimage_comic

あらすじ・ストーリー
人材派遣会社「タンポポ・スタッフ」は、ちょっと変わった社風。特に、極秘派遣ユニット「ダンデライオン」は、特別な業務を受け持つ。涼子、千夏、小百合の3人からなるユニットは、企業にはびこるあらゆる不正や悪を撲滅する!爽快な気分になりますよ!

22件中 1〜25件目を表示

該当掲載作品

22作品

連載状況

巻数

成分タグで絞り込む

すべてみる

作者名で絞り込む

すべてみる

雑誌名で絞り込む

すべてみる

出版社で絞り込む

すべてみる

発売時期で絞り込む

すべてみる