6HWqUM2ZPAMtBfkYf04DGnv6OHe2IwFF

異世界召喚した神から「転移先で勇者パーティに加入し...

4.5

投稿 : 2024/06/10 22:40

状態 : いま読んでいる

異世界召喚した神から「転移先で勇者パーティに加入した後に追放されることを100回繰り返したら元の世界に戻してやる」と言われた20歳の青年が主人公。

追放系ファンタジーものはたくさんあるが、それを100回繰り返すという無茶なことをする作品。もっとも冒頭で100回目の追放劇が無事に行われて、いよいよ元の世界に戻れるぞ!という場面から本編が始まる。

ところがこの期に及んで神から「過去に活躍した100の異世界から1つを選んで、その後どうなったか見てこい」と提案される。もっとも今回に限り勇者パーティから追放される必要もなく好きなタイミングで元に戻れると聞いて、興味本位で既に行ったことのある異世界へ再訪することにした。

追放系ファンタジーあるあるだが、主人公を追放した勇者パーティはその後圧倒的な戦力不足に見舞われたというお約束が待っており、10年の歳月が経った今では既に勇者・戦士は死亡して生き残っていたのは精霊使いのエルフ娘(=見た目だけ、実年齢は124歳)だけという展開。

本来は現状を確認したら約束通り元の世界へ戻れるはずだったものの、エルフ娘を救うため主人公は再度この世界へ転移し、もう一回勇者パーティへ加入するところからやり直すという王道な話。

漫画としての特徴は非常に画力がある点で、ヒロインのエルフ娘がとても可愛い。この可愛らしさなら100回の追放劇をもう一巡してもいいかな…と思ってしまうのも当然かもしれない。

※このレビューがネタバレしてると思ったら...?

サンキュー

0

このレビューは参考になりましたか?
『フォロー』ボタンを押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 マンガの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずフォローしてみましょう。

追放されるたびにスキルを手に入れた俺が、100の異世界で2周目無双の感想/評価はユーザーの主観的なご意見・ご感想です。利用規約を参考にあくまでも一つの参考としてご活用ください。
追放されるたびにスキルを手に入れた俺が、100の異世界で2周目無双の感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。

涼宮ハルカスキーさんが他の漫画に書いている感想/評価