第9巻は2017年02月04日 (土)に発売されました!

僕だけがいない街の作品情報

総合得点

92.9

総合得点ランキング

1

クチコミ満足度 (131)

4.0

この漫画は以下の成分でできています。

この漫画の成分をもっとみる

あらすじ・ストーリー紹介編集

売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうというものだった。
ある日、ピザの配達中に交通事故をめぐるリバイバルを経験した悟は、事故の被害は減らせたが自身は負傷し、二日間入院することになる。これを機会に、ピザ屋で一緒にアルバイトをしていた梨と親しくなり、また事故の知らせを受けて上京した母親・佐知子とアパートで暮らし始めることになる。
後日、佐知子との買い物中にリバイバルが発生、このとき子連れの男の挙動に注目した佐知子は誘拐を未然に防いだことを確信し、同時に1988年に北海道で起きた誘拐殺人事件の真犯人の正体に気づく。
しかし、犯人も気づかれたことを察知し、正体を伝えられる前に佐知子を殺害、死体の発見者である悟を犯人に仕立て上げる。悟は死体を発見後、リバイバルで殺害を阻止できないかと試みるが失敗。さらに強く念じたところ、それまで経験したことがない長期間のタイムリープが発生し、1988年にいることに気づく。2006年で母親を殺害した犯人と1988年の連続誘拐殺人事件が同一人物であると確信した悟は、2つの時代を往復しながら真犯人に立ち向かっていく。

各巻イメージ

  • 僕だけがいない街 9巻
  • 僕だけがいない街 8巻
  • 僕だけがいない街 7巻
  • 僕だけがいない街 6巻
  • 僕だけがいない街 5巻
  • 僕だけがいない街 4巻
  • 僕だけがいない街 3巻
  • 僕だけがいない街 2巻
  • 僕だけがいない街 1巻

最新のクチコミ僕だけがいない街の感想/評価

三部けいといえば、カミヤドリを読んで以来なのですが...

三部けいといえば、カミヤドリを読んで以来なのですが、ラストも印象に残っておらず、話があちこちに飛んだ挙句打ち切られた作品の印象があります。 ...

無料登録してクチコミを見る

4.0

投稿 : 2017/04/09 01:20

状態 : 読み終わった

サンキュー

0

凄く面白い

凄く面白い

無料登録してクチコミを見る

5.0

投稿 : 2017/03/28 13:37

状態 : 読み終わった

サンキュー

0

この感想/評価はネタバレが含まれています

この感想/評価はネタバレが含まれています。閲覧の際にはご注意ください

4.0

投稿 : 2017/01/08 02:03

状態 : 読み終わった

サンキュー

0

クチコミをもっと見る

僕だけがいない街の感想/評価はユーザーの主観的なご意見・ご感想です。利用規約を参考にあくまでも一つの参考としてご活用ください。
僕だけがいない街の感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。