第16巻は2017年02月14日 (火)に発売されました!

それでも町は廻っているの作品情報

総合得点

80.1

総合得点ランキング

94

クチコミ満足度 (60)

4.1

この漫画は以下の成分でできています。

この漫画の成分をもっとみる

あらすじ・ストーリー紹介編集

嵐山は、丸子商店街喫茶店シーサイドで、ウェイトレスのアルバイトをする女子高校生。ある日、マスターの磯端ウキが、店を繁盛させる秘策を思いつく。それは、シーサイドを巷で流行っていると話題のメイド喫茶にすることだった。しかし、関係者が誰もメイド喫茶を知らず、ウェイトレスがメイド服を着ればメイド喫茶だろうという安易な考えの下、シーサイドはメイド喫茶として再スタートする。
メイドカフェに憧れていた歩鳥の同級生・辰野トシ子はある日、シーサイドに見学に行くが、歩鳥とウキがメイド服を着ているだけで、他は普通の喫茶店と変わらないシーサイドに愕然とし、メイドカフェとはどのようなものか説教を始める。トシ子はウキに気に入られ、ウェイトレスとしてアルバイトをするよう勧誘される。最初は中学時代に共に卓球部だった針原江と共に高校でも卓球部に入ろうと考えていたトシ子だったが、歩鳥の幼馴染でトシ子の想い人である真田広章がシーサイドの常連であることを知り、シーサイドでウェイトレスとして働くことを承諾する。
歩鳥とトシ子が学校に無断でアルバイトをしていることを耳にした担任教師はシーサイドに確認に訪れるが、歩鳥のボケぶりに気を取られ、アルバイトの許可の件は有耶無耶になり、歩鳥とトシ子のアルバイトは半ば公認となってしまう。歩鳥は森秋にほのかな好意を寄せるが、予想外な言動で自分を振り回す歩鳥を森秋は苦手に思うのだった。
のある日、歩鳥は飼いに逃げられていた困っていた美少年と出会う。自分を年上と敬わない美少年に戸惑いながら、逃げた飼い猫を捕まえるのに歩鳥は協力するが、翌日、美少年の正体がトシ子・針原の中学校時代の1年先輩で同じ高校に通う紺双葉という女性であったことを知る。人見知りでなかなか他人と関わろうとしない双葉を歩鳥は色々なところに連れ出し、一方、双葉も歩鳥との間に友情を育んでいく。
こうして歩鳥は様々な人物に遭遇し、さらに少し不思議な出来事を体験しながら、高校時代を過ごしていく。
[wikipediaより引用]

各巻イメージ

  • それでも町は廻っている 16巻
  • それでも町は廻っている 15巻
  • それでも町は廻っている 14巻
  • それでも町は廻っている 13巻
  • それでも町は廻っている 12巻
  • それでも町は廻っている 11巻
  • それでも町は廻っている 10巻
  • それでも町は廻っている 9巻
  • それでも町は廻っている 8巻
  • それでも町は廻っている 7巻
  • それでも町は廻っている 6巻

最新のクチコミそれでも町は廻っているの感想/評価

日常? ミステリー? ファンタジー? ジャンルに...

日常? ミステリー? ファンタジー? ジャンルに縛られない不思議な作品です。どの視点からも楽しめる、という意味では「銀魂」に近いものを感じ...

無料登録してクチコミを見る

4.0

投稿 : 2019/07/02 01:02

状態 : 読み終わった

サンキュー

0

「探偵になることが夢」というちょっと変わった小ボケ...

「探偵になることが夢」というちょっと変わった小ボケ女子高生「嵐山歩鳥(あらしやまほとり)」を主人公に、下町の商店街の日常が描かれます。 強...

無料登録してクチコミを見る

4.5

投稿 : 2019/05/24 01:41

状態 : 読み終わった

サンキュー

1

最終巻は読むのがもったいなくて読めていません。大事...

最終巻は読むのがもったいなくて読めていません。大事な作品になってくるとこの現象が良く発生して、なんか読み終わらんのもそれはそれで、むむ、とい...

無料登録してクチコミを見る

5.0

投稿 : 2018/10/11 02:13

状態 : いま読んでいる

サンキュー

0

クチコミをもっと見る

それでも町は廻っているの感想/評価はユーザーの主観的なご意見・ご感想です。利用規約を参考にあくまでも一つの参考としてご活用ください。
それでも町は廻っているの感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたらこちらのフォームよりお問い合わせください。