おすすめ殺人事件漫画ランキング

51ZMTRXTK3L こんにちは!マンガーレ運営です。
このページをみてるという事は、おすすめの殺人事件漫画をさがしているという事でしょうか?
ここでご紹介するランキングはマンガーレに集まった1万人を超えるマンガ好きの口コミにより選出された人気漫画のランキングです。
ぜひ参考にして、素敵な漫画と出会ってくださいね!
※ちなみに左側から連載状況や巻数、また作者や雑誌名、そして漫画に含まれる成分などで絞り込んでさがす事もできますので、ぜひいろいろと活用してみてくださいね!
それでは、おすすめ人気漫画ランキングを紹介していきます。 今後はこの説明を非表示にする

ランキング更新日: 2024年04月10日

並び替え

1 名探偵コナン

連載中 巻数 : 105

51ZMTRXTK3L

あらすじ・ストーリー
大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持つ高校生探偵・工藤新一。ある日、幼なじみの毛利蘭と遊園地へ遊びに行った帰りに、の組織の取引現場を目撃する。取引の模様を見るのに夢中になっていた新一は、組織のもう1人の仲間に気付かず殴り倒され、口封じのためにその男に毒薬を飲まされるが、組織が知らなかった薬の副作用によって神経を除いたすべての組織が退行し、小学1年生となってしまう。そのため小さくても推理能力は大人顔負けという状況を生みだした。 自分がまだ健在であることを組織に知られれば再び命が狙われ、周りの人間にも危害が及ぶ。何とか生き延びた新一は、正体を隠しながら謎の組織を追うために、周囲には阿笠博士の遠い親戚である江戸川コナンと名乗る。の父親で探偵の毛利小五郎の家に居候し、周囲で次々に起こる事件を持ち前の推理力で解決しながら、元の身体を取り戻すために謎に包まれたの組織の陰謀を追っていくことになる。子供の姿のままで推理を披露しても信じてもらえないため、発明家の阿笠博士の作った時計麻酔で高校生以上の人物を眠らせて、変声機でその人物の声になりすまして推理ショーを展開する。ほとんどの場合、眠らされるのが毛利小五郎のため、小五郎は名探偵と評されるようになる。 [wikipediaから引用]

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

おもしろい

2 金田一少年の事件簿R

完結済 巻数 : 14

51kTfv4iTlL

あらすじ・ストーリー
50年前、仮面をかぶった大男が村人達を惨殺したという雪鬼伝説。この噂が残る雪鬼ヶ岳のスキーリゾートにスタッフモニターとしてやってきた一(はじめ)と美雪(みゆき)。主催者のIT企業関係者、招待客とともに楽しいひとときを過ごすはずだったが……。やがて起きる不可解な事件! 雪鬼ヶ岳に潜む雪鬼の伝説が、恐怖へと姿を変え、人々を喰らう!!

3 親愛なる僕へ殺意をこめて

完結済 巻数 : 11

51NJID1BYML

あらすじ・ストーリー
人生は楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・浦エイジ。だが彼は、人には言えない“過酷な運命”を背負っていた。その現実と向き合った時、彼は惨劇に巻き込まれていく―――。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

ヤングマガジンに連載されているサスペンスホラーです。読んでいると止まらなくなるタイプの展開です。

綺麗に完結しました。 浦島エイジは強いですね。

展開はおもろい漫画 ドキドキできるしそんなにグロクもないので勧めやすい

4 金田一37歳の事件簿

連載中 巻数 : 16

61PxafST7RL

あらすじ・ストーリー
数々の難事件を解決した天才高校生金田一一(きんだいちはじめ)は、37歳のオッサンになっていた。PR会社で働く金田一は、上司の命令で離島リゾートのイベントを担当することに。なんとそのは、3度も殺人事件が起きた”オペラ座館”のあった歌島だった!「もうは解きたくない」と思っている金田一は、何も起きないことを祈りつつ上陸。しかし、そんな彼を嘲笑うかのように歌島にファントムの笑い声が響くのだったーー。

5 僕だけがいない街

完結済 巻数 : 9

41Jj64EdHHL

あらすじ・ストーリー
売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうというものだった。 ある日、ピザの配達中に交通事故をめぐるリバイバルを経験した悟は、事故の被害は減らせたが自身は負傷し、二日間入院することになる。これを機会に、ピザ屋で一緒にアルバイトをしていた梨と親しくなり、また事故の知らせを受けて上京した母親・佐知子とアパートで暮らし始めることになる。 後日、佐知子との買い物中にリバイバルが発生、このとき子連れの男の挙動に注目した佐知子は誘拐を未然に防いだことを確信し、同時に1988年に北海道で起きた誘拐殺人事件の真犯人の正体に気づく。 しかし、犯人も気づかれたことを察知し、正体を伝えられる前に佐知子を殺害、死体の発見者である悟を犯人に仕立て上げる。悟は死体を発見後、リバイバルで殺害を阻止できないかと試みるが失敗。さらに強く念じたところ、それまで経験したことがない長期間のタイムリープが発生し、1988年にいることに気づく。2006年で母親を殺害した犯人と1988年の連続誘拐殺人事件が同一人物であると確信した悟は、2つの時代を往復しながら真犯人に立ち向かっていく。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

取りあえず第1巻の展開力は本当に素晴らしい。それ以降は主人公が悲劇的な結末を避ける為に奔走する姿が描かれているが、犯人が分かって終わりの作品ではない。アニメ版は1クールで少し急いだ感じがするので、この物語を楽しみたいのなら、こちらの原作の方をお勧めする。ただ、序盤の期待感に応えるだけの結末だったかと言われると、素直に「はい」とは言えない気がする。

タイムリープものの当たり年だった2016年。 この作品が一番出来が良かったと思います。 SF要素のあるミステリ漫画として紹介されることも多いですが 犯人探しや謎解きに期待して読まない方がいいでしょう。 犯人の候補は少なく、そこに行きつくまでの作業もかなり地味。 タイムリープの能力(本作ではリバイバルと呼ばれる)は本人の意志で起こせるわけではなく 後半覚醒して自在に操れるようになり犯人を追い詰める!・・・といったベタな展開もありません。 この漫画の魅力は何と言っても主人公の成長を描くストーリーの熱さ。 リバイバルは能力というよりむしろ彼に与えられた試練です。 主人公は宅配ピザのバイトで生計を立てている売れない漫画家。 自分に自信がないから他人と深く関わることを拒み、優しさを素直に受け入れられない。 そんな最近よく見かける設定の冴えない男が事件に巻き込まれ、 解決に向けて自分を奮い立たせ奔走する姿に心を動かされます。 家族の愛情の深さに気付いたから犯人を見つけ出すための行動を起こす勇気を持てる。 どん底の中でも信じてくれる人がいたから他人と手を取り、一人では為しえなかったことを実現できる。 この漫画にはそんな作者の強い信念がこめられていて、少年漫画的な熱さがあります。 だからこそ主人公に共感し、犯人と対峙する場面に手に汗を握り、 邂逅のシーンで思わず泣きそうになってしまう。 少々エンジンのかかりが遅いところはありますが、是非最後まで読んでください。 SFサスペンスで家族の愛情、友情の尊さ、人生への賛歌を表現した傑作だと思います。

noimage_user

MDO

犯人がわかっても楽しめる。 アニメよりも全体的にストーリー構成が素晴らしい。 そして何より。最近ダラダラダラダラ長いだけの漫画が多いけど、ポイントしぼって9巻で完結。 最高です。

6 七夕の国

完結済 巻数 : 4

21GS4H20VHL

あらすじ・ストーリー
ちょっとした超能力が使えるのが取り柄の丸こと、ナン丸はある日、知り合いでもない民俗学教授・丸神から呼び出しを受けた。だが丸神は調査のため「丸神の里」へ行ったきりで戻っておらず、残された研究生からは「教授とナン丸は、同じルーツを持つらしい」と告げられ、心当たりを尋ねられた。だが何も知らない――。いっぽう「丸神の里」東北の丸川町では、殺害方法のわからない猟奇事件が起きた。失踪した丸神教授の研究内容と足取りを追って、丸神ゼミとナン丸は「丸神の里へ」おもむくが…。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

寄生獣の作者のSFミステリー作品です。寄生獣と比べると物語は良いのですがスケールが若干しょぼいです。

なぜ打ち切りに

51J9Y9AAVKL

あらすじ・ストーリー
「ひぐらしのなく頃に」シリーズの中でも異様な雰囲気を纏うヒロイン宮レナ。何故レナは執拗なまでにオヤシロさまにこだわるのか…。今、レナとオヤシロさまの関係が明かされる―。誰よりも必死に生きてきたレナ。過去と現実に縛られ、少しずつ狂っていくレナの姿はあまりにも悲しすぎる。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

「ひぐらしのなく頃に」罪滅し編のコミカライズ。 "綿流し編"の舞台裏が語られていた目明し編とは違い、出題編の特定の章に対応した解答編ではなく、基本的に新章となっています。 ただ、鬼隠し編での前原圭一の体験に関する解が述べられており、他の章で語られた内容を"思い出す"というメタな表現が初めてされる章となります。 ストーリーは前半はレナ目線で語られます。 レナにはお人好しの父と、そんな父を見捨てて知らない男と家を出た母がいたのですが、ある日、父からリナと名乗る女性を紹介されます。 リナの言う通り貯金を切り崩す父に不信感を抱くレナだったが、ある日、リナの正体に気づいたレナは、日常を守るためある決心をするという展開です。 本作も前作に続き直接的な殺人描写があります。 残虐性が高く、日常が崩壊し、非現実が現実となり狂っていく様が描かれる展開は引き込まれます。 本作においては竜宮レナが狂っていくのですが、終盤のバトルシーンは"ひぐらしのなく頃に"一番の名シーンとして有名な場面で、ゲームで1度読んでいましたが感動しました。 序盤の水鉄砲の伏線がここで出てくるのも見事。 そこからまさかのハッピーエンドと思いきや。 ここまでの章からネット民のユーザー考察で出てきた"未知のウイルス説"、"宇宙人の仕業説"が作中で一笑に付される内容になっています(否定はしていない)。 また、古手梨花の神秘性が増すシナリオですね。 昔昔ゲームでやって以来でしたが、色褪せず楽しめました。 次回作はいよいよ当時真面目に考察していた組をボコボコにしてしまった、アレの登場ですね。

8 骨が腐るまで

完結済 巻数 : 7

51jW3VpkgtL

あらすじ・ストーリー
11歳の、人を殺して、洞窟の奥に死体を埋めた。それから毎年、5人の幼なじみは、夏休みの夜に儀式をする。罪を忘れず、友情を裏切らぬための儀式を。そして5年。16歳の夏。骨化した死体。暴かれる。姿のない脅迫者。鳴り響く電話と、命の千切れる音。骨は腐らず、罪は朽ちず。――いま、地獄がはじまる。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

ミステリーでグロい表現も多数含まれているので万人は薦められませんが、一気に読める作品です。

513ANMRAyXL

あらすじ・ストーリー
時は遥かに遡る。ごく普通の少女・田無美代子は、事故で両親を失ってしまう。孤児院へ行った美代子を待っていたのは凄惨な虐待だった。そしてそこから、昭和58年6の雛見沢へ至る、運命の扉が開かれていく……。「ひぐらしのなく頃に」シリーズの完結編がついにスタート。すべての謎が明かされる――!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

「ひぐらしのなく頃に・解」4作目にして最終章、祭囃し編のコミカライズ。 前作では、ミステリーの枠をとっぱらってしまい、オヤシロ様や未知の病原体、国家的な秘密組織を登場させ、真面目に考察していた層を阿鼻叫喚させることになりました。 本作は完全にそれありきのため、過去作とは違い、少年少女の冒険活劇のような展開となっています。 "未知のウイルス"、"ヤマイヌ"と呼ばれる特殊部隊、突拍子もない話を訴える少女と、それを信じ行動する仲間たちが激突する物語です。 もはや惨劇ではなく、今までの物語を終わらせるためのクライマックスそのものでした。 第1巻表紙の少女は、幼き日の"鷹野三四"です。 鷹野三四の生い立ちから、入江京介、富竹ジロウの招待、これまでの鬼隠しの舞台裏が描かれており、かなり非現実的な内容ではあるものの、これまでの惨劇にまるっと説明がつけられているのは見事と思います。 雛見沢症候群という病について対策が示せていないのが気になりますが、本作でようやくハッピーエンドで終了していて、一作目製作時点でここまでプロットを考えていたとして紛れも無い名作と思いました。 圭一もレナも魅音も沙都子も梨花ちゃんも詩音も羽入も、かつて見せた表情は本作には無く、本作では未来を掴むためにみんなで協力して戦う前向きな姿が見られます。 これまでの作品を追ってきた身からするとその姿だけで非常に感動的で、同時に終わりが近いことを感じられ、寂しさもありました。 なお、中盤にある人物の頭を生きたまま開いて脳をいじくるという"猿脳"を彷彿させる禍々しいシーンがある他、序盤、幼少期の三四が壮絶な虐待を受けるシーンがあるなど、グロ・ホラーなシーンは本作でも健在です。 後半までは暗い展開となるので期待していいと思います。 なお、終盤、有名な"ひぐらしコピペ"のシーンがあるのですが、なんか感動しました。 コピペだけ見ると痛いセリフでしかないですが、一連の流れの中で読むと自然で、何より熱いセリフのように感じられます。 このシーンや、機関車富竹、入江京介の固有結界・メイドインヘブンのシーンは象徴的な名場面ですね。 メインストーリーは本作で終了ですが、コミック版はいくつかサブストーリーやオリジナルストーリーがあるので、そちらもあわせて読む予定です。

10 ミステリと言う勿れ

連載中 巻数 : 14

51h7ZRf6UXL

あらすじ・ストーリー
のある、カレー日和。アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!? 突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。 しかもその被害者は、整の同級生で・・・。 次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・???

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

noimage_user

uki

田村由美さんの好きそうなキャラクターだなぁ。とニヤニヤしながら読んでいます。 クルクルの髪、好きな事だけに饒舌、時々入る田村由美ならではの一人ツッコミ。 これだけで田村由美好きが読むに値するものではないかなと思います。

11 ミュージアム

完結済 巻数 : 3

41ZMzBfF96L

あらすじ・ストーリー
悪魔の蛙男、“私刑”執行。“ドッグフードの刑”“母の痛みを知りましょうの刑”“均等の愛の刑”“針千本のーますの刑”“ずっと美しくの刑”――。すべては、ある1つの裁判から始まった。超戦慄続猟奇サスペンスホラー絶望大解禁!!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

サスペンスホラーです。漫画では無く他のメディアでやった方がいいんじゃないかと思ったら映画化されてました

「ぼくのかんがえたさいきょうのグロマンガ」といった趣きの作品。 次から次へと惨殺死体が現れるのでグロ好きにはたまらないでしょう。 ただ、人間の心の闇に迫るような作品ではなくあまり怖さは感じなかった。 犯人のカエル男の描き方にリアリティがないんだよね。 映像化作品ということで手に取ってみたが意外と浅いところで勝負しているマンガだな、という印象。 大衆娯楽として消費されるホラーだと割り切れば良作といえます。 気味の悪さ、グロさはなかなかのもの。耐性のない人にはきついかも。 最終話にちょっとした遊び心のある仕掛けがあります。 気になる人は探してみてください。正解はネットで検索すれば見つかるはず。

映画化もされたサスペンス漫画です。 短くて綺麗にまとまってはいます。

12 当て屋の椿

連載中 巻数 : 17

61JlQXMVXQL

あらすじ・ストーリー
時は江戸時代春画の仕事がきっかけで猟奇殺人に巻き込まれた浮世絵師・鳳仙は、殺された女からなくなっていたものを探すため「当て屋」を訪ねる。探し物・無くし物を探し当てるという当て屋の主は一風変わった女・椿だった。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

エログロ描写有りの推理もの。ハッピーエンドがあまりない、重い雰囲気の事件がよく出てくる。そういうのが好きな人にはいいかもしれない。

13 不能犯

完結済 巻数 : 12

61bNpz470hL

あらすじ・ストーリー
数々の変死事件現場にあらわれる謎の男・宇相吹正。しかし、誰も彼の犯行を証明することができない。人は彼を、犯罪を実証することができない容疑者「不能犯」と呼ぶ…。 憎悪、嫉妬欲望そして…… 宇相吹は依頼人の歪んだ思いに応え、次々と人を殺めていく…。 戦慄のサイコサスペンス開演!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

依頼相手をマインドコントロールして自ら死の道を選ばせる殺し屋「宇相吹 正」を主人公にしたサスペンスもの。 人の醜さ、身勝手さ、対象人物の心に潜む闇につけ込んでターゲットを自殺させる、あるいは第三者に殺害させるやり方で殺人を完了させるため、そう仕向けた者の検挙が難しいことから、宇相吹は通称"不能犯"と呼称されています。 基本的に一話完結の作品で、毎話様々な理由から、相手を殺したいと思っている依頼人が登場します。 言葉巧みにターゲットに近づき、疑心暗鬼にさせて思い込みから自殺、あるいは殺人をさせるのですが、大抵は実は依頼人の早とちりだったというオチが付き、「愚かだね 人間は」 というセリフとともに幕を閉じます。 宇相吹のマインドコントロールはテレビで見るようなものとは比較にならないほど強力なもので、ほとんどの人が見つめるだけで瞬間的にかかります。 ほぼ無敵の能力で、大抵の人は自由自裁にコントロールされるのですが、ごく稀に効かない人間が現れます。 第一話で宇相吹により間接的に殺害された警部補「夜目 美冬」の敵を取るため、マインドコントロールの効かない刑事「多田 友樹」がもう一人の主人公として、宇相吹を追いかけます。 殺人の依頼人はまちまちで、高校生やギャンブル狂の中年もいます。 依頼に対し報酬を受け取っている様子はなく、終盤にはその目的のみが明かされますが、最後はスッキリしない終わり方でした。 それほどの能力を持つ宇相吹が何者かについては明かされることなく、そもそも人間なのか、わからず仕舞いです。 正体を追い詰めつつありながら、結局、存在が世間に堂々と放たれたままで終わるため、主人公は交代となると思いますが、続編があると嬉しい終幕でした。 ラストには不満が残るものの、毎話ストーリーは凝っていて面白かったです。 ただ、後味の悪い話がほとんどです。 ターゲットになって殺される人は、殺されるほどのことをしていない人、そもそも何も悪くない人が大半で、宇相吹はそれを承知の上で殺し、結末をほくそ笑みながら眺めるような内容なので、それを前提として読む必要があります。 宇相吹の周囲の人物も人の命を重視しないアレな人だらけです。 等身大の大人たちが現代社会で展開する物語なのにファンタジーかバトルマンガのように殺される、それにも関わらず妙に説得力のある作品でした。

1話完結型で読みやすく、サスペンスとして高クオリティな話が多かったので楽しめた。 ラストで唐突にウソブキが霊的な存在として扱われたことには違和感がある。そこまで話を広げるならば、前任者や初代ウソブキの話など読みたいかも。 百瀬刑事が可愛すぎた笑

14 アクメツ

完結済 巻数 : 18

219S8KKZJ5L

あらすじ・ストーリー
己の立場を巧みに利用し、不正を働く官僚政治家達を容赦なく滅する者がいた。自らの命と引き換えに、悪を裁く「アクメツ」に日本は、混沌の渦へと巻き込まれる。悪徳政治家達を滅するシーンは、かなりハードな内容となっています!実世界と比較して観ると、より一層楽しめる一作!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

微グロ描写が駄目な人にははキツいのかな? 内容はタイトル通り「悪を滅する」です、名作だと思います。

15 囚獄のヴァニタス

完結済 巻数 : 4

51G4CYI75%2BL

あらすじ・ストーリー
不可解な殺人事件が頻発する街・東殺人課の刑事・九鬼は、新たな事件現場で、人ではない何かを視てしまう。犯人の手がかりを捜す中、の少年・笘篠と出会ったことが、九鬼の運命を大きく変えていく──!! 人の妄執のなれの果て・宿惡(しゅくあ)が引き起こす殺人事件に、熱血刑事とクールな少年が立ち向かう、怪異×バディ×ミステリー、開幕!

16 白暮のクロニクル

完結済 巻数 : 11

51c2nL5cXWL

あらすじ・ストーリー
そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは不死の種族「オキナガ」を管理する部署。厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。しかも見た目は少年、中身は88歳老人殺人事件マニアとタッグを組まされ…。時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニクル)。日常系×非日常ミステリーの世界へようこそ!

17 心霊探偵八雲

完結済 巻数 : 14

51V5OLQNsRL

あらすじ・ストーリー
中学時代の友人・緑川(みどりかわまゆ)と会うため金田一と美雪は、山奥にある久井(ひとくい)を訪れた。昭和の街並みを再現したかのようなその村に、繭が所長をつとめる「仁久井村未来エネルギー開発研究所」、通称「人喰い研究所(ひとくいラボ)」があるのだ。旧友との再会を喜んだのも束の間、外界から隔絶された研究所で、次々と恐るべき殺人事件が……!!

19 リバースエッジ 大川端探偵社

連載中 巻数 : 11

51q30G4kqVL

あらすじ・ストーリー
東京・浅草…隅田川沿いの雑居ビルに、小さな探偵社があった――。『オールド・ボーイ』『湯けむりスナイパー』のひじたか憂峰、『軍鶏』『かぶく者』のたなか亜希夫。常に“人間”を描き続けた唯一無二の原作者と、漫画界随一の画力で驚異的な描写を続ける稀代の絵師名作『ボーダー』で多くの信者を生み出した黄金コンビが、20年ぶりに奇跡の復活!!

20 逆転裁判

完結済 巻数 : 5

61KNZ415KAL

あらすじ・ストーリー
法廷…というと厳かでピーンと張り詰めた冷たい空気が流れ、淡々と論弁が交わされる…と思ったら大間違い!ゲーム版の熱さ・そのままに進む討論は見ていてコッチも燃えてくる!「諸君。法廷で待ってるぞ!」

21 江戸川乱歩異人館

完結済 巻数 : 13

61T9Mn1oDyL

あらすじ・ストーリー
穴男~屋根裏の散歩者~ 屋根裏に自らの居場所を見出した男の末路は…/座男~人間椅子~ あなたに触れたい…願望はやがて形になる…/小五郎×絞男~D坂の殺人事件~ 素人探偵が魅せる、戦慄の推理ショー/明智小五郎×壁男~魔術師~ 美しさすら漂う、前代未聞の殺戮劇が始まる…

22 エンバーミング

完結済 巻数 : 10

51qZV5DhncL

あらすじ・ストーリー
雷鳴と吹雪の深い夜――両親をツギハギの身体を持つ男に殺されたヒューリーは、復讐を決意。5年後、殺人者を探しあてるが、その男は人間を超えた存在だった! 19世紀末の欧州で、闇に隠された物語が始まる!!

23 スモーキングガン

完結済 巻数 : 10

61t3qKWoOwL

あらすじ・ストーリー
「“疑惑”の念に苛まれた方々。身の“潔白”を証明したい皆様。知られざる“原因”を究明したい諸氏諸賢。弊社では“真実”の科学的証拠をお売りしています──。」 民間科捜研の調査員・流田縁が、警察が取り扱わない民事案件や解決不可能の難事件に挑む新感覚ミステリーコミック!!

24 亭主元気で犬がいい

完結済 巻数 : 8

51LUEoWYGEL

あらすじ・ストーリー
凄惨な強盗殺人を引き起こした犯人を兄に持つ、九頭マリ。人殺しの妹として差別されてきたマリは捨てられた男の子供を身ごもり、川に身投げしようとしていた時スケベだが、温かくてやさしいおっさん、水田太郎と出会う。マリは身も心も救われて、結婚へ!!……幸せを手に入れたはずだったが……スケベギャグとシリアスが絶妙にシンクロナイズする徳弘節の真骨頂!!

24件中 1〜25件目を表示

該当掲載作品

24作品

連載状況

巻数

成分タグで絞り込む

すべてみる

作者名で絞り込む

すべてみる

雑誌名で絞り込む

すべてみる

出版社で絞り込む

すべてみる

発売時期で絞り込む

すべてみる