おすすめ1997年漫画ランキング

61CMQZGD4CL こんにちは!マンガーレ運営です。
このページをみてるという事は、おすすめの1997年漫画をさがしているという事でしょうか?
ここでご紹介するランキングはマンガーレに集まった1万人を超えるマンガ好きの口コミにより選出された人気漫画のランキングです。
ぜひ参考にして、素敵な漫画と出会ってくださいね!
※ちなみに左側から連載状況や巻数、また作者や雑誌名、そして漫画に含まれる成分などで絞り込んでさがす事もできますので、ぜひいろいろと活用してみてくださいね!
それでは、おすすめ人気漫画ランキングを紹介していきます。 今後はこの説明を非表示にする

ランキング更新日: 2019年08月16日

並び替え

1 からくりサーカス

完結済 巻数 : 43

61CMQZGD4CL

あらすじ・ストーリー
錬金術により生み出され人間に災厄をもたらす自動人形(オートマータ)と、それに対抗する人形破壊者(しろがね)の200年に渡る戦いと運命を描いたダークファンタジー。 『❛❛他人を笑わせていないと呼吸困難に陥る奇病❜❜ゾナハ病にかかった18歳の青年』加藤鳴海(かとうなるみ)はある日、サーカスのテントにて『父を大会社の社長に持ちその遺産を巡り命を狙われる少学生』才賀勝(さいがまさる)に出会う。そこに勝を護衛する目的で現れた『銀目銀髪の謎の人形使いの女』しろがねが加わる。 3人が出会う時・・・命が歯車を、情念が発条を回す不思議サーカスが始まる。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

サンデー史上に残る傑作のひとつ。 自動人形と人形破壊者の200年にも渡る因縁と戦いを描いた、錬金術を題材にしたダークファンタジー。 現代が舞台(ローファンタジー)でダブル主人公制で物語は進行する。 二人の主人公が出会い別れる【プロローグ編】ののち、 まさるが主人公の【サーカス編】と、鳴海が主人公の【からくり編】が交互に繰り広げられる。 その後、凄まじい量の伏線回収とともにすべての過去編が現在へとつながり浮かび上がりし「黒幕」との戦いを描く【からくりサーカス編】を経て、 全人類の存亡をかけた最終局面【機械仕掛けの神編】へと続く・・・。 そんな5編からなる壮大なスケールの作品。 ●長所 ・ダブル主人公制で飽きない作りになっている点 ・名シーンの数 ・テーマ性の高さ ・7巻以降続々と明かされるおぞましい設定と描写の吸引力(特にゾナハ病の設定の斬新さ) ・設定同士がきちんとストーリーに絡み合い無駄がない点 ・邪道でダークな世界観なのに王道少年漫画的な熱い展開だらけな点 ・からくり編最終章(17~21巻)、サーカス編最終章(22~28巻)の盛り上がりの凄まじさ ・キャラの表情が生き生きして迫力があること ・キャラのセリフが作者が考えたんじゃなく「本当にそのキャラが言ってそう」な生きた感じがする点 ・キャラの使い捨てがほとんどない点 ・生々しい憎悪、燃えるような愛、熱い戦い、溢れ出る感動...と、読んでて疲れるほど感情を揺さぶる展開 ・自動人形のデザインセンス ・続きが気になる人間関係 ・セリフまわしのセンス ・脇役にもみな見せ場があること ・最高に独創的思考で魅力的なラスボス ・広げまくった風呂敷をきちんとたたむところ ・初登場で印象の悪かったキャラたちもみな成長してどんどん魅力的になっていく点 ●短所 ・巻数が全43巻と長い ・絵柄が荒くクセが強い ・錬金術の設定が出てくる7巻までは微妙~フツーな面白さ ・盛り上がる場面やキャラの見せ場は漫画全体でも最高レベルの面白さだが、日常描写は全般的に微妙。 ・黒賀村(29~33巻)でちょこっとダレる ・最後が若干急ぎぎみ ・細かい矛盾を探したら割と見つかる

続きが気になって仕方ない漫画だった 連載中に見たときは伏線や布石が細かい上に多いのであんまり前の内容覚えてなくていまいち入りにくかったが、連載終わってから一気に見たらめちゃくちゃ面白くて止まらなくなった 実際に連載終わったあとからじわじわ人気出たみたいなんで、これは一気見推奨の作品

人生の教科書に成り得る至極の冒険活劇。 今なお「漫画史上に残る最終決戦」「少年漫画の教科書」と呼ばれ幅広い年代から支持を受ける『うしおととら』の作者、藤田和日郎先生が手がけた長期連載2作品目であり、個人的には今まで出会った漫画の中では圧倒的にナンバー1である。 「笑顔」という大きなテーマを軸に2人の主人公が愛憎渦巻く歯車に捕らわれ、壮大に広げられた謎にまさに死にもの狂いで迫っていき、強大な悪と血で血を洗う死闘を繰り広げられる様はとてもじゃないがここでは語り切れない。 笑いあり、感動あり、手に汗握る死闘あり、読んだことを後悔するほどの絶望とそれを覆すほどの希望を描き、登場キャラクターが味方敵問わず懸命にその時代を生き、もがき、自らの幸せを掴み取ろうと全速力で駆け抜けていく。その暑苦しいほどの懸命さに涙が止まらない。 この漫画に出会えたことが僕の人生にとって大きなターニングポイントになっている。そんな気がする。

2 ONE PIECE

連載中 巻数 : 94

51DMX9FJDYL

あらすじ・ストーリー
かつてこの世の全てを手に入れた〝海賊王〟ゴールド・ロジャー。彼が遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。 「東の(イーストブルー)」のフーシャに住む少年モンキー・D・ルフィは、村に滞在していた海賊〝赤髪のシャンクス〟と親しくなり、海賊への憧れを募らせる。ある日ルフィは「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べ、一生泳げない体になる代わりに、全身が伸び縮みするゴム人間となった。それからしばらくして、ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出した。ルフィは、村を去る間際のシャンクスから、トレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

中高生の時(30巻)くらい?までは何度も読み返してしまった。さすがに、巻数ありすぎてもうできんが。 冒険とか友情とか、なかなか現実世界では味わえない興奮がまちうけているので、夢見る少年の心を持ってる人にはとてもおすすめ!

45巻辺りまでは本当に面白い。読んでてワクワクするし楽しい。 特にアーロンパーク編、アラバスタ編、空島編、エニエスロビー編。まぁほぼ全部か。 アーロンパーク編はナミの「助けて」からの「当たり前だ!」流れでゾロサンジウソップが揃うとこは最高にかっこ良かったし、 アラバスタ編も、「人は死ぬぞ」だったり「俺達の命くらい賭けろよ仲間だろ」(うろ覚え)の台詞だったりペルの爆弾処理する前の台詞だったり(生きてたのはちょっと興醒めだったけど)ぐっと来る台詞も多かったしクロコダイルとの戦いも熱かった。 ギア2とかもほんとにテンション上がったし、ブルーノを翻弄したりルッチとの戦いとか。 絵柄はエニエスロビーあたりがピーク。 それ以降は絵がごちゃごちゃしだした。 話の方もここ最近は微妙。でもドレスローザ編のキュロスの話は結構良かった。 覇気とか悪魔の実覚醒は正直ちょっと無いなと思う。

y0WjminxQgFAlAihZAtSRSeHxbp2RDbZ

PPN

文句なしの人気作٩(๑•̀ω•́๑)۶ ストーリー・キャラ・画力・etc 全てにおいてパーフェクト! 伏線や設定、絵など細かい部分にまで 作者のこだわりが身受けられ◎♪♪ 特に伏線の張り方が上手く引き込まれる。 これからの展開にも期待! どのキャラも好きだか敢えて挙げれば サンジかなw

3 GTO

完結済 巻数 : 25

51KV9P01P3L

あらすじ・ストーリー
かつて最強不良爆」として湘南に君臨した鬼塚英吉は、辻堂高校を中退後、羅志亜(ユーラシア)大学替え玉試験で入学した。彼は持ち前の体力と度胸、純粋な一途さと若干の不純な動機で、教師を目指した。 無茶苦茶だが、目先の理屈よりも「ものの道理」を通そうとする鬼塚の行為に東京吉祥学苑理事長の桜井良子が目を付け、ある事情を隠して中等部の教員として採用する。学園内に蔓延する不正義や生徒内に淀むイジメの問題、そして何より体面や体裁に振り回され、臭いものに蓋をして見て見ぬ振りをしてしまう大人たち、それを信じられなくなって屈折してしまった子どもたち。この学園には様々な問題が山積していたのである。 桜井は、鬼塚が問題に真っ向からぶつかり、豪快な力技で解決してくれることに一縷の望みを託したのであった。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

父が昔集めていたのを読んだら、もうどハマリです笑 友人とは何か、家族とは何か、学校とは何か そんな事を考えさせてくれるとても良い漫画でした!

実は意外と社会派。 たびたびリメイクされているが、もはや原作の面白さの欠片も無くなっているのでEXILE版は認めない。 元湘南最強のゾッキーが先生になっちゃって、生徒が、親が、教員が、学校が抱える問題を吹き飛ばしていく。 当時(今も)過激化が進むいじめや不登校にモンスターペアレンツなど、学校が抱える問題を描いた作品。 しかしながら真面目なパートとギャグパートが混在してるので、読み出すと吹き出すこと間違いない。 個人的には、大戦争の果てに本気で恋する少女となる神崎潤美が登場してからが本番ではないかと。 前作湘南純愛組と合わせて読むとなお面白いかもしれない。

4 犬夜叉

完結済 巻数 : 56

51QWV3TT2RL

あらすじ・ストーリー
戦国時代の日本、あらゆる願いを叶えるという宝玉・四魂の玉を巡り人間と妖怪の争いが続いていた。四魂の玉を守る巫女・桔梗は、半妖・夜叉に恋心を抱いていた。しかし、罠にはまり、お互いに裏切る。玉を奪った犬夜叉を最後の力で封印し、自分もまた力尽きる。遺言により、四魂の玉は桔梗の亡骸と共に燃やされ、四魂の玉はこの世から消え去った。 そして500年後の現代、神社の娘・日かごめは15歳の誕生日に、神社の祠にある古びた井戸から戦国時代へとタイムスリップする。そこは犬夜叉と桔梗の争いから50年が経過した時代であった。桔梗の生まれ変わりであるかごめの体内から再び四魂の玉が現れ、犬夜叉は蘇る。そして玉を巡って妖怪たちが動き出す。 戦いの中で四魂の玉はとんでもないハプニングにより無数のかけらに飛び散った。四魂のかけらを集めるために旅することになった犬夜叉とかごめ。最初は嫌々だったが、2人は次第に惹かれ合っていく。その旅の中で、50年前、犬夜叉と桔梗を罠にかけた張本人・奈落の存在が明らかに。二人は奈落を追う中で、の中で出会った子狐妖怪七宝、奈落に呪いをかけられた法師弥勒、妖怪退治屋珊瑚の仲間と共に、宿敵奈落を倒すため、玉の因縁を断ち切るために戦っていく。[wikipediaから引用]

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

あんまりにも長すぎて最後の方はNARUTOの忍界大戦バリにグダグダだった気がする。 前半までのテンポは割と好きだったのでここまで伸びて無ければもっと高く評価しても良かったと思います。

5 I''s

完結済 巻数 : 15

515AQNN2RQL

あらすじ・ストーリー
私立湾田高校に通う高校2年生瀬戸一貴は同じクラスの葦伊織に1年生の頃から恋心を抱いていた。そんな彼に葦月と二人で「新入生ようこそパーティ」の実行委員をやるという幸運が訪れる。徐々に葦月と打ち解けてきた頃、突然に彼を想う幼馴染み葉いつきが現れる。「葦月への想い」と「いつきの想い」の間で一貴は揺れ動く事となった。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

桂正和の作品にしては意外と珍しくSF要素が無い正統派の恋愛漫画です。そういう意味では純粋に楽しめました

なんてったって画が最高。 正統派の恋愛系漫画。先輩に貸したら借りパクされた個人的に因縁、いや、思い出のある作品。 画もストーリーも綺麗なオススメできる少年漫画ですよ。 ちなみにアニメ化もされてた気がします。そちらから入るのもありかも?(観てないのでわかりませんが)

6 ARMS

完結済 巻数 : 22

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

…力が欲しいか? 体の各部位にナノマシンを移植された少年少女が強大な敵組織と戦う話です。 皆川と言えばやっぱコレっすね。お薦めです!

最近言わなくなった言葉ですがまさしく中二全開です。そういうの好きな人にはたまらないと思います。

格闘と謎が解けていく面白さ、敵味方の繊細な心理描写も見どころ。魅力的な敵キャラがいい味を出している。 古代文明、特殊部隊、未来的機械武器が入り混じっての世界観はスプリガンの雰囲気。

7 遊☆戯☆王

完結済 巻数 : 38

51NQXRTBRHL

あらすじ・ストーリー
今世紀初頭から、誰も完成させる事が出来なかった『千年パズル』。それを祖父から受け継いだ武藤遊戯は、ある晩ついにパズルを完成させる!最後の1ピースをはめた時、パズルが突然光り出し!?

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

正直後半に進むにつれてジャンプ特有の引き延ばし感があって飽きていました。

8 世紀末リーダー伝たけし!

完結済 巻数 : 24

21713XQ16QL

あらすじ・ストーリー
ポッポ小学校に入学したたけしは生まれ持った熱きリーダー魂とオッサン顔で、たちまち町中にその名をとどろかす。友達のピンチ、悪人の襲来、ダンディコンテスト、学園、遠足…誰かが困ったときに必ず解決してくれる、まさにリーダー的存在なのだ!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

作風がちょっと古いですが逆に新鮮に感じてよかったです。同じ作者のトリコよりは解りやすかった気がします。

9 モンキーターン

完結済 巻数 : 30

51gyAFazc0L

あらすじ・ストーリー
子供の頃から野球に明け暮れてきた少年・波多野憲二は、高校生活最後の夏の甲子園予選で敗退。その後、競艇ファンの担任と競艇選手のOGに連れられてやってきた競艇場で体験したモーターボートの感触とモンキーターンに魅了され、野球をやめて競艇選手になることを決意する。 必死の勉強と長年培ってきた持ち前の身体能力で、競艇選手の養成所・本栖研修所に合格。やがて、研修所を卒業して競艇選手となり、波瀾万丈の選手生活を開始する。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

イメージ悪い競艇(モーターボート)をスポーツ漫画寄りに描いている。あと魅力的な登場キャラがたくさん。 欠点としてはスポーツ漫画寄りにしてるため、ギャンブルものとしての「汚さ」が(無くはないものの)弱い。あと終盤の恋愛模様は少年漫画としてはマイナスな感じ。

10 七夕の国

完結済 巻数 : 4

21GS4H20VHL

あらすじ・ストーリー
ちょっとした超能力が使えるのが取り柄の丸こと、ナン丸はある日、知り合いでもない民俗学教授・丸神から呼び出しを受けた。だが丸神は調査のため「丸神の里」へ行ったきりで戻っておらず、残された研究生からは「教授とナン丸は、同じルーツを持つらしい」と告げられ、心当たりを尋ねられた。だが何も知らない――。いっぽう「丸神の里」東北の丸川町では、殺害方法のわからない猟奇事件が起きた。失踪した丸神教授の研究内容と足取りを追って、丸神ゼミとナン丸は「丸神の里へ」おもむくが…。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

寄生獣の作者のSFミステリー作品です。寄生獣と比べると物語は良いのですがスケールが若干しょぼいです。

なぜ打ち切りに

11 多重人格探偵サイコ

完結済 巻数 : 24

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

6巻位迄は一気に読めましたが後半は超展開過ぎて残念です。有害図書指定の漫画なので結構グロいです。

12 エアマスター

完結済 巻数 : 28

61Fq5n0qPhL

あらすじ・ストーリー
「エアマスター」こと相川摩季が好敵手たちとストリートファイトを繰り広げていくという物語。母を亡くし、悲しみにくれて夜な夜な街を放浪している中、彼女はストリートファイトに出会った。体操で培った運動能力と闘争本能が、彼女をストリートファイトへ引き寄せていく…。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

格闘漫画界のレジェンド。 独特な絵柄と、序盤の展開のぬるさに断念する人が続出しそうですが、ルチャマスターとの戦いからどんどん熱くなっていきます。 キャラクターは全員魅力的で、誰と誰が戦っても熱く燃えます。 序盤に出てきたキャラクターが終盤に活躍を見せたり、かませキャラの信念やプライドをしっかり描いていたりと、沢山のキャラクターが出てくるにもかかわらず使い捨てが殆どないという希少な漫画です。 独特なコマ割りや表現、セリフ回しのセンスも抜群。格闘シーンは本当に圧巻です。何年経っても繰り返し読み返すほどはまり込んだ作品です。 格闘漫画好きならば読んで損は絶対にありません!

無料お試し版を5巻まで無料だったので読了。

13 花ざかりの君たちへ

完結済 巻数 : 23

51M7PRFKHWL

あらすじ・ストーリー
好きになった人にもう一度飛んでほしくて…それだけの為に男子校に入学しちゃう主人公の気持ち、女の子ならみんな分かるはず!みんな一度は経験した事のある、甘酸っぱい気持ちを思い出してみては如何ですか

14 哲也 雀聖と呼ばれた男

完結済 巻数 : 41

51psqqGzFkL

あらすじ・ストーリー
時代は戦後復興期の日本。1人の青年、哲麻雀において勝負師または玄人として成長していく姿や数多の玄人たちとの鎬を削る麻雀勝負など、哲也の玄人としての生き様を描く。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

基本的には麻雀漫画ですがイカサマを看破して逆転勝利といったワンパターンになりがちで飽きてしまいました。

15 デビルマン 文庫版

完結済 巻数 : 5

21CM3Q8APQL

あらすじ・ストーリー
この漫画のあらすじ・ストーリーがわからなくてみんな困ってるにゅ! 知ってたら助けて欲しいにゅよ~

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

奥が深い。なんども読み返したが、ストーリーを知っていてもドキドキする作品。

16 結婚伝説 文庫版

完結済 巻数 : 2

21DW0EFZ7NL

あらすじ・ストーリー
秀一郎は両親を交通事故で亡くし、幼い千尋(ちひろ)と2人、残された。秀一郎は千尋を育てるために、全力をつくした。千尋は彼にとって、かけがえのない宝物だった。その千尋が、いま、彼の手を離れ、嫁いでいく……。女性がもっとも美しく輝くとき、結婚をテーマにつづる、感動の傑作集!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

いろんな女性の結婚までのストーリーを描いたオムニバス物語。 感動の一作

17 ALPHA ZONE

完結済 巻数 : 6

218XMHC2A2L

あらすじ・ストーリー
この漫画のあらすじ・ストーリーがわからなくてみんな困ってるにゅ! 知ってたら助けて欲しいにゅよ~

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

近未来SF。作画はところどころ微妙にパースが狂っていたりと上手い方ではないが、ストーリー、設定は自分好みで、未だに好きな漫画の1つ。特に前半のミステリー展開、後半のサイバーパンク展開共に好き。

18 ポケットモンスターSPECIAL

連載中 巻数 : 53

51353Y9D8KL

あらすじ・ストーリー
マサラタウンの超元気少年、レッドは町いちばんのポケモントレーナーだ。ひょんなことからオーキド博士に気にいられたレッドはポケモン図鑑をもらい、図鑑の完成をめざしてに出る。同じくポケモン図鑑の完成をめざすグリーンや、カスミとの出会いをとおして、少しずつ成長していくレッド。そして、かれらの前に立ちはだかる悪の秘密結社ロケット団。レッドの行く手には、なにが待ちかまえているのだろうか!? 超人気ゲーム『ポケットモンスター』の冒険感動をまんが化! ポケモンの息づかいが聞こえてくるぜ!!

19 Banana fish another story 文庫版

完結済 巻数 : 1

51BVRQWYAAL

あらすじ・ストーリー
この漫画のあらすじ・ストーリーがわからなくてみんな困ってるにゅ! 知ってたら助けて欲しいにゅよ~

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

BANANA FISHのサイドストーリー集。 「本編より以前の話」と「終わってから数年後の話」をメインに、5編収録されています。 本作より前にBANANA FISH本編を先に読んでおく必要があります。 あくまで、本編のスペシャルサンクスとなっており、本作だけでは楽しめないです。 本編が楽しめた人にはおすすめですが、一方で止めを刺されたというか、終わったことを確認させる内容になっています。 <ANGEL EYES> ショーター・ウォンとアッシュ・リンクスの出会いが描かれた作品。 相変わらず腐ってますが、ザワークラウトの如く爽やかに腐ってます。 この2人がその後、「あんな別れ」をすることを思うと複雑な気持ちになりました。 <光の庭 THE GARDEN WITH HOLY LIGHT> 本編後の作品。英二とシン・スウ・リン、そして日本人の女の子が主役です。 本短編集のメインとなる作品で、本作を持ってBANANA FISHは改めて終わりとなります。 本編ラストの出来事を英二が、そして読者が受け入れるための短編だと感じました。 <PRIVATE OPINION> アッシュ・リンクスとブランカの出会いが描かれた作品。 割りとハードな内容になっていますが、マービンとアッシュ間の出来事や、ゴルツィネに飼われていたアッシュの日々を補足するものとなっており、本編で匂わす程度にしか描かれなかったアッシュの生々しい過去が描かれています。 本作は本編中のブランカの回想になっていて、今英二と共にいるアッシュと、暗黒の時代だったアッシュの対比が物悲しさを感じる作品です。 <うら・BANANA> 本編終了後のあとがきとして描かれたものになります。 本作だけは他の作品と違って、キャラ崩壊ありのお遊びになっています。 私も英二と一緒に日本に来たアッシュが見たかった。。 <Fly boy, in the sky> 英二と伊部さんの出会いの話。 NYを舞台とした鉄火な内容ではなく、スポーツ少年とカメラ好きな青年が、お互いに刺激し合う平和な話になっています。 BL的要素も本作においては薄いです。 個人的にはそれほど印象に残らない作品です。本編の英二とはどこか違っているようで、やはり英二はアッシュと一緒じゃないとしっくりこないというか。 BANANA FISH登場人物の過去話ではありますが本編と繋がりはあまりないので、本作に関してはBANANA FISHのサイドストーリーというよりも、別個の一作品として見たほうが良いかと思います。

20 先生!

完結済 巻数 : 20

5112Q29T39L

あらすじ・ストーリー
島田響は高校二年生。ある日、友達から頼まれたラブレターを間違えて伊藤先生の下駄箱に入れてしまったことから運命は動き出した。今まで恋をしたことがない響だが、女ギライでクールだけど本当は優しい伊藤先生に徐々に惹かれていき…?

21 おまけの小林クン

完結済 巻数 : 16

51J4V4WV63L

あらすじ・ストーリー
それぞれが個性豊かで、特に仲が良い訳でもなかったのに、もう一人の「小林」くんが転校してきてから少しずつ変わっていって…。それぞれの恋愛はもちろん、ほのぼのとした友情に心が温かくなります。女の子だけでなく、男の子でも楽しく読める作品。

22 兎 野性の闘牌

完結済 巻数 : 17

51i4gic%2By2L

あらすじ・ストーリー
人一倍危険を察知する能力を身にまとった俊。高校1年の俊は同じ学年の愛と出逢い、“園長”と呼ばれる男と出会う。代打ち集団「ZOO」に入団した俊は“兎”というコードネームをもらい、秘めていた才能を徐々に開花させていく…。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

近代麻雀オリジナルで21年間に渡り長期連載していた麻雀漫画。 他の麻雀漫画同様、特に中盤以降はトンデモ理論の能力バトルとなっています。 一応、配牌から自摸、捨牌が表示されていて、牌の流れが追える描き方になっていますが、少しでも麻雀に心得があれば全く理解できない打牌をしているため、本作で麻雀を学ぶことはできないと思います。 そもそも麻雀というゲームについての解説は作中無いため、前提として読む前に麻雀のルールを知っている必要があります。 いじめられっ子の主人公「武田俊」が、その持ち前の危険を察知し回避する能力を見出され、山城組傘下の代打ち集団「ZOO」に引き入れられるというストーリー。 ZOOのメンバーは高校生が中心となっていて、動物から取られたコードネームがつけられています。 他家の当たり牌を察知する主人公は「兎」を与えられ、他のキャラも、容姿や能力から取られた動物名のコードネーム(ユキヒョウ、シャモア、キツネなど)を持ちます。 大抵の麻雀漫画ではキャラを使い捨てる印象が強いのですが、ZOOのメンバーはそこそこ多く、ZOO同士で打つこともあり、また各キャラ個性的なため、読んでいて楽しかったです。 絵はきれいで読みやすく、自摸も追いやすいので、他人の麻雀を見るのが好きな人にもおすすめです。 ただ、終盤は完全にニュータイプ同士の戦いになっていて、自摸はもちろんのこと、牌山さえ透けて見えるような連中だらけ、ルール自体は一般的な麻雀ルールなのですが麻雀で空中戦が発動するので、展開についていけなくなります。 また、麻雀中は各キャラそれがマナーのように黙って打つのですが、その代わりテレパシーで会話をします。 麻雀を極めるとそんなこともできるんですね。 また、終盤は麻雀の傍らでバトルマンガが始まります。 殺し屋集団vsZOO。まぁ打ってないキャラは退屈なのでしょうけど、別卓で麻雀すればいいのに殺し合いを始めるのでビックリでした。 人によると思いますが、個人的には序盤で普通に麻雀打ってたあたりの方が良かったと思いました。

23 ウは宇宙船のウ 文庫版

完結済 巻数 : 1

51TA60fWfTL

あらすじ・ストーリー
ぼくたちはロケットが大好きだった。土曜日の朝の宇宙空港、爆音とともに大空へ消えゆく光点。いつかあのロケットを渡っていくことを、ぼくたちはずっと夢みていたのだった …。少年たちの宇宙への憧れに満ちた表題作をはじめ、深海の闇にまどろむ恐竜を100万年の時を越えてよびさます「」、説の宵は妖魔たちの饗宴「集会」など、レイ・ブラッドベリの傑作短編を萩尾望都が描く、珠玉のSFポエジー全8編。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

SFポエジー短編集 子供ながらびっくり箱というエピソードが好きでした 今読み返してみると、ウは宇宙船のウというエピソードのあっという間にのめり込んでしまう世界観、言葉にはしきれない感情が、傑作だと感じずにはいられません。

24 オールドボーイ

完結済 巻数 : 1

21BTDDD8RHL

あらすじ・ストーリー
目覚めると、男(五)は謎の小部屋に軟禁されていた。以降その軟禁は10年間にも渡る。「いったい誰が何の目的で……」一切不明のまま突然開放された男は、唯一の手がかりをもとに、敵の追跡を開始するのだった。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

10年間ビルの一室に監禁された主人公がその理由を追究していくサスペンス漫画。 読み始めると止まらない作品です。

25 トウ・シューズ

完結済 巻数 : 5

51uo66lCklL

あらすじ・ストーリー
【目指せ、プリマバレリーナ!!】くるみは小学5年生の時に初めて見に行った「くるみ割り人形」の舞台に衝撃を受け、穂坂バレエスクールに入団した中1の女の子。ある日くるみは、病気で降板した憧れのはづきさんの代役を任されることに!! バレエを始めて2年たらずのくるみは、はづきさんとのレベルの差に戸惑うが…。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

「姫ちゃんのリボン」で著名な水沢めぐみのバレエ漫画。 中学生の「森野くるみ」がバレリーナになり、憧れのバレエダンサー「穂坂一臣」とパ・ド・ドゥを踊るため、レッスンに取り組む姿を描いたものになります。 題材としているのは中学1年生から3年生までの短い間で、主人公は失敗しながらも類稀な才能を開花させるのですが、最終回でもスクール所属の研究生で終わります。 ローザンヌ国際バレエコンクールに出場したり、ロイヤル・バレエ・スクールに入学するような壮大な展開にならないので、子供や、あるいはこれからバレエを始めてみようと考えている大人の方にはピッタリの本だと思います。 小さくて元気な女の子が、苦難に負けず持ち前の明るさと才能で困難を切り開く様に元気を与えられ、また楽しい気持ちになれる、そんな作品でした。 小学5年生の冬、「森野くるみ」はバレエをやっている友人の「篠原桃子」の誘いでくるみ割り人形を見に行く。 その講演に感動したくるみは、バレリーナになりたいという夢を抱き、穂坂バレエスクールに入所する。 その後、中学生となり穂坂バレエ団の付属研究所の研究生となったくるみと桃子。 不安や苦難を乗り越えて、夢を叶えるため、明るく元気に踊り続ける話。 意外と内容は暗いです。 ライバルとの鬩ぎ合いや意地悪や嫉妬、怪我、プレッシャーなどにより、元気なコマよりも悩んでいるコマのほうが多い気がしました。そのあたり、王道なバレエ漫画と感じました。 古来よりバレエといえば妬みや嫉みが付き物。本作もご多分に漏れずやってくれるので、安心です。 作中はいろいろなバレエ作品が登場し、各作品の特徴を簡単に紹介してくれます。 私的にはそれがとても嬉しかったです。バレエに興味はあれど、前提知識がないと見に行っても寝てしまうので、バレエの入門書としても大変良書だと思いました。 また、巻末には水沢めぐみ氏の実録のバレエ体験記が数ページ描かれていて、こちらも参考になります。 大きくなってからバレエに調整する姿は素敵です。 本編は4巻の中頃まで、非常に中途半端なところで完結します。 4巻の途中から5巻は読み切りと本編の番外編となっていて、番外編と銘打ってはいますが、番外編を読まないと完結できない内容でした。 読み切りもかわいい作品でした。おすすめです。

2,030件中 1〜25件目を表示

該当掲載作品

2030作品

連載状況

巻数

成分タグで絞り込む

すべてみる

作者名で絞り込む

すべてみる

雑誌名で絞り込む

すべてみる

出版社で絞り込む

すべてみる

発売時期で絞り込む

すべてみる