おすすめ「か」から始まる漫画ランキング

61CMQZGD4CL こんにちは!マンガーレ運営です。
このページをみてるという事は、おすすめの「か」から始まる漫画をさがしているという事でしょうか?
ここでご紹介するランキングはマンガーレに集まった1万人を超えるマンガ好きの口コミにより選出された人気漫画のランキングです。
ぜひ参考にして、素敵な漫画と出会ってくださいね!
※ちなみに左側から連載状況や巻数、また作者や雑誌名、そして漫画に含まれる成分などで絞り込んでさがす事もできますので、ぜひいろいろと活用してみてくださいね!
それでは、おすすめ人気漫画ランキングを紹介していきます。 今後はこの説明を非表示にする

ランキング更新日: 2024年04月17日

並び替え

1 からくりサーカス

完結済 巻数 : 43

61CMQZGD4CL

あらすじ・ストーリー
錬金術により生み出され人間に災厄をもたらす自動人形(オートマータ)と、それに対抗する人形破壊者(しろがね)の200年に渡る戦いと運命を描いたダークファンタジー。 『❛❛他人を笑わせていないと呼吸困難に陥る奇病❜❜ゾナハ病にかかった18歳の青年』加藤鳴海(かとうなるみ)はある日、サーカスのテントにて『父を大会社の社長に持ちその遺産を巡り命を狙われる少学生』才賀勝(さいがまさる)に出会う。そこに勝を護衛する目的で現れた『銀目銀髪の謎の人形使いの女』しろがねが加わる。 3人が出会う時・・・命が歯車を、情念が発条を回す不思議サーカスが始まる。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

サンデー史上に残る傑作のひとつ。 自動人形と人形破壊者の200年にも渡る因縁と戦いを描いた、錬金術を題材にしたダークファンタジー。 現代が舞台(ローファンタジー)でダブル主人公制で物語は進行する。 二人の主人公が出会い別れる【プロローグ編】ののち、 まさるが主人公の【サーカス編】と、鳴海が主人公の【からくり編】が交互に繰り広げられる。 その後、凄まじい量の伏線回収とともにすべての過去編が現在へとつながり浮かび上がりし「黒幕」との戦いを描く【からくりサーカス編】を経て、 全人類の存亡をかけた最終局面【機械仕掛けの神編】へと続く・・・。 そんな5編からなる壮大なスケールの作品。 ●長所 ・ダブル主人公制で飽きない作りになっている点 ・名シーンの数 ・テーマ性の高さ ・7巻以降続々と明かされるおぞましい設定と描写の吸引力(特にゾナハ病の設定の斬新さ) ・設定同士がきちんとストーリーに絡み合い無駄がない点 ・邪道でダークな世界観なのに王道少年漫画的な熱い展開だらけな点 ・からくり編最終章(17~21巻)、サーカス編最終章(22~28巻)の盛り上がりの凄まじさ ・キャラの表情が生き生きして迫力があること ・キャラのセリフが作者が考えたんじゃなく「本当にそのキャラが言ってそう」な生きた感じがする点 ・キャラの使い捨てがほとんどない点 ・生々しい憎悪、燃えるような愛、熱い戦い、溢れ出る感動...と、読んでて疲れるほど感情を揺さぶる展開 ・自動人形のデザインセンス ・続きが気になる人間関係 ・セリフまわしのセンス ・脇役にもみな見せ場があること ・最高に独創的思考で魅力的なラスボス ・広げまくった風呂敷をきちんとたたむところ ・初登場で印象の悪かったキャラたちもみな成長してどんどん魅力的になっていく点 ●短所 ・巻数が全43巻と長い ・絵柄が荒くクセが強い ・錬金術の設定が出てくる7巻までは微妙~フツーな面白さ ・盛り上がる場面やキャラの見せ場は漫画全体でも最高レベルの面白さだが、日常描写は全般的に微妙。 ・黒賀村(29~33巻)でちょこっとダレる ・最後が若干急ぎぎみ ・細かい矛盾を探したら割と見つかる

続きが気になって仕方ない漫画だった 連載中に見たときは伏線や布石が細かい上に多いのであんまり前の内容覚えてなくていまいち入りにくかったが、連載終わってから一気に見たらめちゃくちゃ面白くて止まらなくなった 実際に連載終わったあとからじわじわ人気出たみたいなんで、これは一気見推奨の作品

人生の教科書に成り得る至極の冒険活劇。 今なお「漫画史上に残る最終決戦」「少年漫画の教科書」と呼ばれ幅広い年代から支持を受ける『うしおととら』の作者、藤田和日郎先生が手がけた長期連載2作品目であり、個人的には今まで出会った漫画の中では圧倒的にナンバー1である。 「笑顔」という大きなテーマを軸に2人の主人公が愛憎渦巻く歯車に捕らわれ、壮大に広げられた謎にまさに死にもの狂いで迫っていき、強大な悪と血で血を洗う死闘を繰り広げられる様はとてもじゃないがここでは語り切れない。 笑いあり、感動あり、手に汗握る死闘あり、読んだことを後悔するほどの絶望とそれを覆すほどの希望を描き、登場キャラクターが味方敵問わず懸命にその時代を生き、もがき、自らの幸せを掴み取ろうと全速力で駆け抜けていく。その暑苦しいほどの懸命さに涙が止まらない。 この漫画に出会えたことが僕の人生にとって大きなターニングポイントになっている。そんな気がする。

2 GANTZ

完結済 巻数 : 37

512HRD0AT0L

あらすじ・ストーリー
地下鉄のホームで撥ねられんだはずの玄野、加藤は謎のマンションの一室に一瞬にして転送される。そこに置かれた得体の知れない黒い球の指令により、ねぎ人の暗殺を命じられた玄野らは、状況を把握できないままねぎ星人の元へと転送される。マンションにいた仲間によってねぎ星人は殺されるが、新たなねぎ星人が現れ…。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

大阪編辺りまでなら4~4.5評価。 それ以降失速してしまった感は否めません。 ですが、斬新な設定に非常に高い画力、そして飾らないセリフ等特筆すべき点は多々あります。

電車にはねられたはずの高校生が、気づけば黒い大きな玉のおいてある部屋に導かれ、その玉・GANTZに言われるまま"星人"と戦うことになるというSFアクション漫画。 その部屋には、直前に死んだはずの人々が集められていて、黒いバトルスーツと光線銃を持って戦いの場に転送されます。 転送先は基本的に関東圏内で、時には幕張の博物館や池袋など、見知った場所が登場します。 そこで、基本的に一般人には見えない形で、GANTZメンバーと星人が死闘を繰り広げる展開です。 中盤までは星人との戦いが繰り返され、星人たちにはボスがいてそれぞれに点数が設定されています。 点数が百点になると蘇ることができるなどの特典があるという、ゲームのような設定となっています。 星人も特徴的で、仁王像のような見た目をしたものや恐竜のような姿をしているものがおり、絶望的に強い星人たちをスーツだけ渡された一般人が、殺されながら戦うというストーリーです。 なんとか数体倒したとしても回によっては強力な星人たちが集団で現れ、無惨に殺されていきます。 星人が倒されたシーンもですが、臓物撒き散らしながら人体が切断されたり、なんの前触れもなく現れた化物に大勢の人々が殺戮されるなど、結構グロいシーンがあります。 ただ、グロさを売りにした作品ではなく、そんな残酷無比な侵略者に普通の高校生「玄野計」が立ち向かっていく、普通の高校生がヒーローになる姿を描いた作品だと思います。 中盤までは星人との戦いですが、途中から謎の吸血鬼が現れ状況を引っ掻き回します。 また、玄野計の弟・アキラが吸血鬼になった描写があるのですが、よくわからないうちに「カタストロフィ」が始まり、活かしきれなかった感じがありました。 ただ、全体的にテンポがよく、中だるみなく、巻数も長いですが一気に読めます。 ラストはネット上では賛否ありますが、個人的には感涙ものでした。絵もきれいで、話作りも設定も非常に良く、エンタメ性のある傑作です。 アニメ化、ゲーム化、映画化などのメディアミックスもしていますが、原作のマンガが一番おもしろいと思います。 各戦い毎に語れる部分があり、是非読んでほしい名作です。

5131QP3TkOL

あらすじ・ストーリー
恋愛は告白した方が負けなのである!」 家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!! その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!! プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか"ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!! 新感覚“頭脳戦"ラブコメ、開戦!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

赤坂アカはヒットしたい 長年温めていた大作インスタントバレットをわずか5巻で打ち切られた赤坂アカは 再起をかけて形振り構わず売れ線狙いのマンガを書き始めた! それがこのかぐや様である!! 流行りのラノベ風タイトルに、少年マンガのヒット要素「頭脳戦」とサブタイトルに入れる入念さ。 実際は天才(笑) 頭脳戦wwwww という感じなのだが気にしては負けだ。 ジャンルは今も昔も人気のラブコメ。萌え豚に媚びるようなキャラデザ。 オマケに巨乳ちゃんもいるではないか。 貧乳好きを公言していた男が巨乳キャラを描くということ— これはもう悪魔に魂を預けたと言っても過言ではない!! そんな彼の執念が実ったのか、日夜ネットで工作員が行っているス〇マが利いたか、 このマンガ今かなり人気である。 またたくまにMJからYJへの栄転を果たし、本屋で平積みされているし、アニメ化まで行きそうな勢いを感じる。 週刊連載になっても衰えは見えず。 彼の才能を見逃さなかった集英社、有能アンド有能。 ラブコメは付き合うまでが面白いとよく言われる。その通りである。 だから簡単にゴールさせてはいけないし、近づいたり遠ざかったりしながら、微妙な距離感を保つ必要がある。 そのじれったい関係をニヤニヤしながら読者は楽しむのだ。 そのためにマンガ家は展開に頭を悩ませる。 かぐや様がすごいのは、お互いに相手に告白させようと企むことで無限に距離感をキープさせていること。 これで恋の空回りを心置きなく堪能できる。 圧倒的な設定の勝利、世紀の発明である。 安定したラブコメの面白さに加えて、かぐやの顔芸、白銀のリアクション芸、千花ちゃんの天然ボケ、 いわゆる「天の声」のツッコミで毎回毎回笑わせてくれる。 こういうバカバカしさは大好き。オススメ。

2017/11/21 1-7巻 2018/01/22 8巻 【好きになったほうが負けなのである!!】 かけひき多すぎてわけわかんなくなってきたぞ~ってなるから読み直すよね、何回読んでもおもしろいね。 【ボクサーパンツ穿いてる奴は全員ヤリチンですからね!!ヤリチンパンツマンですから!!】 【ヘイシリ、ヤリチンの意味で検索】 8巻、スキンシップが増えてきて 私もオキシトシン(ドキドキ)と バソプレッシン(キュンキュン)が 大量分泌です!

すこし変わったラブコメだったので飽きずにどんどん読んでしまいました!読んでいて思わず笑ってしまったり、ほっこりしたり、心にキュンときたりしました!ぜひ読んでもらいたい漫画です!

4 GUNSLINGER GIRL

完結済 巻数 : 15

51BGXX8TCNL

あらすじ・ストーリー
舞台は架空の現代イタリアを中心としたヨーロッパ。イタリアは国内に地域間対立や思想対立を抱え、テロ暗殺などの暴力が絶えなかった。イタリア政府・首相府は、表向きには障害者への様々な支援を行う組織として公益法人「社会福祉公社」を設立する。しかしその実態は、身体に障害を持った少女たちを集め、身体の改造と洗脳を行い、反政府組織に対する暗殺をはじめとした超法規的活動を行わせる闇の面を持った組織だった。少女たちは、「義体」と呼ばれる人工の肉体と引き換えに、時に危険すら顧みられることなくを手に戦う運命を背負わされた。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

アニメでは物語の三分の一しか語られていません。その後の展開がたまりません。アニメだけ見ているとヘンリエッタが好きになりますが、漫画で最後まで読むとトリエラのファンになります。感動の最終話まで是非読んでください。途中、中だるみがあるのが玉に傷ですが、満点評価は揺るがない秀作。

表紙から分かるとおり、主人公は戦う運命を負わされた少女たちなのですが、その他のキャラクター達も深く掘り下げられており、群像劇、政治劇としても面白い作品になっていると思います。 特に、少女達と向き合う(向き合わざるをえない)大人たちの物語が深く、痛い。自分の属する組織が洗脳した、自分に無条件の信頼を向けてくれる少女。 彼女たちを死地に赴かせるとき、どのようにして自分を納得させるのか。 それぞれの「兄妹」(劇中における少女=義体と大人=担当官のペアの通称。)たちの結末は、それぞれに心を打たれ、考えさせられるものがあります。 僕にとっては、通読するとその日は他に何もできなくなる(笑)くらい、今だに衝撃的な作品です。 つか、リコ可愛いよリコ。

イタリアを舞台としたSF。絶望の中で僅かな希望を見出す少女たちの話。 安易に銃と少女を結びつけたよくある萌系漫画ではありません。「シリアス」「泣ける」系統の作品です。 作画も良好。きちんと伏線を回収して完結しています。

5 神のみぞ知るセカイ

完結済 巻数 : 26

51jeQi9%2BVNL

あらすじ・ストーリー
学園高校に通う桂木桂恋愛シミュレーションゲーム、いわゆる「ギャルゲー」が好きな高校生。その腕前から「落とし神」と呼ばれる彼は、ギャルゲーの登場人物である2Dの女をこよなく愛している。 そんなある日、桂馬の元に「攻略してほしい女がいる」というメールが届く。「無理なら絶対に返信しないように」という挑発的な文面に憤慨し何も考えずに返事をした途端、彼の目の前に空から1人の少女が舞い降りる。少女の名はエルシィ。地獄からはるばるやってきた悪魔だという彼女は、桂馬に「駆け」の捕獲を依頼する。その方法は、取り憑かれた人間を恋に落とし心のスキマを埋めること。現実の女性とは関わり合いを持ちたくない桂馬は当然断るが、先のメールに返事をしたことで悪魔との契約が成立していること、契約は解除はできず、自分とエルシィの命がかかっていることを知ると渋々承諾する。 こうして、ギャルゲー界の「落とし神」桂木桂馬の3D女性攻略が始まった。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

物語の締め方は賛否両論あるかと思いますが私的には好きなエンディング。 物語中盤での選択の結末をやはりあのままにするより、この方が良かったのだろうな、という感じ。 序盤の風呂敷の広げ方から終盤の包み方まで、終盤やや間延びした感はありましたが全体通してみると綺麗な作品だったと思います。

ギャルゲーマーの主人公がギャルゲーの知識を駆使して女の子を恋に落としていくストーリーで、最初は毎回新しいヒロインが出てきて落としていくだけだったのでそこまで期待していなかったのですが、10巻くらいから女神編と言われるルートに入ってからは、この作者は天才なんじゃないかと思うほどおもしろい展開になり一気に引き込まれました。 パッと見はおもしろいのか不安になりそうですが、途中から一気におもしろくなるので、根気よく読める人には超おすすめの名作です。

ジャンル…ハーレムラブコメディ 出版社…小学館 完結済み アニメ…あり 全巻購入済み あらすじ・・・ 現実(リアル)なんてクソゲーだ!と言っているギャルゲーマーが、地獄から来た少女ととある理由で3D(現実)女性を攻略していく物語 細評(10段階評価) 作画・・・9 内容・・・10 キャラ・・・10 では感想を ギャルゲーの知識を使って現実の女の子を落としていくという、一風変わった作品。 ですが作画、内容、キャラ、全てにおいて高レベル! ぶっちゃけ19巻で終わっても良かった気がしますけどね(苦笑) でも、展開やテンポも良く泣ける展開もあります! 19巻なんてもう~~~~~~~号泣物です!! ハーレムラブコメディですが、嫌な鬱展開など無く爽快に読める作品です。 色んな属性を持ったヒロインが多数出てきます。 しかもそのヒロインたちがみんな魅力的!もちろん主人公も! 個人的には神漫画!! アニメもあります。アニメの方は端折られてる話数が多々ありますが、音楽、作画、内容は原作を超えてます! 気になる方は是非見てください。

6 からかい上手の高木さん

連載中 巻数 : 19

51g3RhKRFmL

あらすじ・ストーリー
いっつもオレをからかってくる隣の席の高木さん。 だけど見ていろ、今日こそは必ず高木さんをからかって恥ずかしがらせてやる!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

高木さんの動作や言動から溢れる恋心が魅力です。 主人公である男の子の視点で描かれているので、高木さんの心の声は聞こえてきません。 それでも、高木さんの動作や言動から高木さんの心の声が聞こえてきそうで、もどかしい気持ちになります。 『もし、主人公がこう行動していれば』という妄想が掻き立てられて、気が付いたら頭の中で二次創作をしている自分がいました。  ニヤニヤできる良作です。

女の子にひたすらからかわれる中学生のラブコメ。 ひたすらイチャイチャしてると言ってもいい。正直うらやましい。 ワンパターンといえばワンパターンだけど、なかなか飽きがこない。 5巻が一番面白かったです。

とにかく二人のやりとりが面白くて微笑ましい! 高木さんのふと見せる照れた表情や西方の高木さんを思いやってる行動が見ていてずっと見ていたくなる感じ。

7 風の谷のナウシカ

完結済 巻数 : 7

51PSV31HFZL

あらすじ・ストーリー
千年前の「火の七日間」と呼ばれる最終戦争により、巨大産業文明は崩壊し、「腐(ふかい)」と呼ばれる菌類のに世界は覆われていた。生き残った人類は、腐海が放つ猛毒と、そこに棲む巨大な虫たちに脅かされていたが、辺境にある「風の谷」は、酸の海から吹く風によって森の毒から守られ、のどかな農耕生活を送っていた。族長の娘であるナウシカは、住民から深く敬愛されており、人が恐れる腐海の虫とも心を通わせる少女だった。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

アニメーションの巨匠のオリジナル作品。壮大なスケール、独特の世界観。 癖の強いタッチで好き嫌いが分かれるとは思いますが、間違いなく名作だと思います。

おなじみアニメ情報誌の「アニメージュ」誌上で連載されていた、全7巻の原作版風の谷のナウシカです。 劇場版は本作連載時途中で作られたため、原作より設定を抜粋し、要約された序盤のみの内容となっています。 劇場版は原作で言うと、色々端折って3巻序盤の王蟲の群れをナウシカが体を張って止めるところまでとなっており、原作とは巨神兵の設定も、王蟲が群れをなして暴走するエピソードも異なる、映画とは全く別の話になっています。 映画とは全く違う、まさかの結末が漫画版にはあります。 結構、難解な話でした。 旧人類と腐海や王蟲、巨神兵といったシステム、そして現人類の間だけの話であれば、そうややこしい話ではないのですが、本作の前提とした設定として、国々は戦争を行っているという点があります。 大きく、トルメキア王国と土鬼の2つの勢力による紛争があり、そして風の谷やペジテ市を含む小国が点在しています。 この2国が、互いに互いの思惑があって行動し、あちこちで起こる戦闘の説明が挟まることもあり、読みづらいわけではないのですが、とにかく重たかったです。 はははと笑いながら読める内容ではなく、大人向けの雰囲気がします。 戦局がよく読まないと理解が追いつかないことに加え、登場兵器の凝った描写、メーヴェやガンシップといった乗り物の設定など、薀蓄好きのオタク受けする内容が詰まっているので、そういったひねた内容が好きな方にはおすすめです。 ラストは結構、乱暴な終わり方をしているのですが、仕方ないのかなという感じでした。 ただ、物語の最中、ナウシカに妙に母性を強調していたのが鼻につきました。 こういう心理学的な暗喩っぽいところが(無意識によるものだと思うのですが)忍ばされているのも含めて、本作は一般向けではない、オタク向けの作品っぽいと感じました。

説明の必要がないくらい有名な作品。特に映画が流行りましたね。これは宮崎駿さんが実際に書いていた原作マンガです。映画は、この原作の一部でしかないことがよくわかります。たった7巻ですが、その情報量の凄さに圧倒されます。さすがは巨匠というべきでしょうか。

8 家庭教師ヒットマンREBORN!

完結済 巻数 : 42

51Ci0FVDl2L

あらすじ・ストーリー
中学生・綱吉のもとに、リボーンと名乗る、赤ん坊の家庭教師が。彼はツナをマフィアのボスにするためにイタリアから来たのだった…。あなたも裏社会を覗いてみませんか?案外マフィアも悪くないかと思えるかも。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

ヴァリアー編くらいまではすごい楽しんで読んだ記憶がある それ以降は惰性で読んだから記憶がない(白目

絵がうまいけどその他に全然魅力を感じなかった。全部読んだのに必殺技一つも憶えてない。

2004年から2012年まで週刊少年ジャンプで連載していたバトル漫画。 全8クールの長期アニメ化をしていて、連載当時は特に女性人気が高い作品でした。 主人公は運動も勉強もダメで、何をやってもダメな落ちこぼれの少年「沢田綱吉(ツナ)」。 彼を一人前のマフィア・ボンゴレファミリーの10代目にするため「リボーン」と名乗る赤ん坊が現れて、ツナを鍛えるという展開です。 何をさせても弱音を吐くツナに、リボーンはボンゴレに伝わる秘弾"死ぬ気弾"を打ち込みます。 その銃弾で撃ち抜かれると、死ぬ気の炎に包まれて撃たれて死んだ直後にできず後悔したことを死ぬ気でやってしまいます。 そんな死ぬ気モード全開のツナと、学校の仲間たち、そしてボンゴレファミリーに縁のあるキャラクターの日常を描いた作品となっています。 序盤はそういう感じでドタバタギャグ漫画なのですが、途中からバトルにシフトします。 ツナを狙う脱獄囚「六道骸」や、ツナに変わってボンゴレ10代目の座を狙う「XANXUS」など、次々と強敵が襲いかかり、修行や新たな力によるパワーアップで向かい打つ少年漫画らしい展開となります。 序盤でツナの愉快な仲間だった「獄寺隼人」、野球部の「山本武」、ツナの想い人の兄「笹川了平」などがボンゴレファミリーの一員としてリングを継承し、一般人だったのに戦闘に駆り出されるのは少し違和感を感じました。 展開も正直良くわからない部分があり、細かいことを考えずに楽しめる方向けの作品かと思います。 ボンゴレファミリーの幹部は、それぞれ7つの属性を持ち、それぞれ天候になぞらえた名前のついた属性と炎の色があります。 ツナを筆頭とするボンゴレファミリーも7人いて、基本的に相対する敵も7人チームであることが多いです。 新章が始まると敵グループが現れ、ボンゴレファミリーのメンバーとぶつかるのですが、本作は個性的な敵メンバーとボンゴレファミリーメンバーバトルを通したキャラ同士の掛け合いを楽しむ作品だと思います。 露骨に男性同士が絡み合うような展開こそないものの、女性人気が高いのも頷ける内容でした。 一方で完全に女性向けというわけでもなく、バトルは激しくて展開は熱いです。 女性キャラも普通に可愛らしく、特にへそ出し超ミニがデフォのクローム髑髏は登場するだけで心くすぐられますね。 コマが割と騒がしく文字も多いため、読みやすいかというと微妙です。 ただ、キャラの個性とキャラ同士の掛け合いが楽しく、一気に読める作品でした。 週刊少年ジャンプの歴代作品を語る上で欠かすことのできない名作だと思います。

9 がっこうぐらし!

完結済 巻数 : 12

51NpNBtsVnL

あらすじ・ストーリー
学校に寝泊まりしちゃおうという学園生活部で、シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、おっとりした顧問のめぐねえらに囲まれたゆきの瞳に映る幸せな“日常"はしかし……!? 強力タッグが贈る注目作、衝撃の第1巻!!

10 カードキャプターさくら

完結済 巻数 : 12

51CRRCJBHFL

あらすじ・ストーリー
友枝小学校の小学4年生、木之本桜は父・藤隆と兄・桃矢の3人暮らし。 ある日、桜は藤隆の書庫から不思議なカードが入った本の封印を解いてしまい、カードを街に解放してしまう。 それは、この世に災いが訪れるという、魔術師クロウによって作られた『クロウカード』。 桜は同時に甦った封印の獣ケロベロスと共に、カードキャプターとしてカード集めを手伝うことになるのだった。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

大学時代に集めてた漫画。 ブックカバーかぶせて、付録のクローカード大切にしてました。 clampは、友達のお姉さんが、創竜伝で好きで知ってて。 さくらは、絵の可愛さから魅かれて、集めだしました。 2部構成で、1部の話はまずまず、2部の話はだれてきてるかな。 ケロちゃんが、可愛かったです。 ともよちゃんがいい子でした。 アニメも必見です。

封印の獣・ケルベロスと一緒に、街で事件を起こすクロウカードを封印する少女、木之本桜の物語です。 子供の頃アニメで見ていて、その後マンガを買い始めました。 アニメとの相違点として、李小狼の許嫁の中国娘、李苺鈴はマンガでは登場しません。 また、クロウカードの数がマンガとアニメでは全然違い、漫画版は19種類しかありません。 私は漫画のほうは全部言えるけど、アニメのほうはところどころ記憶が怪しいです。 CLAMP作品はどれもどこかストーリーに「ん?」となるところがあり、本作はその代表的なものと言えます。 面白いかと聞かれると微妙ですが、CLAMPは総じて雰囲気が良くてキャラクターが可愛ければそれでいいと思います。 そのため、マンガを読む上で、ストーリーを重視する方にはおすすめできません。 12巻とあまり長くなく、(最近続編が始まったけど)ちゃんと完結しています。 2ちゃんねるで専用板ができるほどの有名作ということもあり、コモンセンスとして読んでいてもいいかと思います。

CLAMP作品は昔の作品の方が好きなのが多いです。一番のお気に入りは「20面相におねがい!!」です。読んだことがない人は「CLMAP学園探偵団」と共に御一読下さい。

11 賭ケグルイ

連載中 巻数 : 16

51fbpdS3ApL

あらすじ・ストーリー
名門・私立百花王学園。この学園には階級制度が存在する。生徒会を頂点とするこの学校は「ギャンブル」に支配されている。勝てば天国。負ければ地獄。ギャンブル強者は羨望、弱者は被虐のクルった学園。そんな学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名前は蛇喰夢子……。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

高校生(?)がギャンブルで地位を決める面白い漫画 これは自分の中でイチオシ^w^ 次早く出ないかうずうずしている

かわいい女の子と顔芸を楽しむだけの漫画

12

完結済 巻数 : 14

41F6sqzN1hL

あらすじ・ストーリー
二目と見られぬ醜悪な容貌を持つ少女・累(かさね)。その醜さ故、過酷な道を歩む累に、母が残した一本の口紅。その口紅の力が、虐げられて生きてきた、累の全てを変えていく――。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

どう考えても主人公の末路が破滅としか思えない書き方してるので、最後はいい意味で裏切って欲しい。

2017,12/22-24 1-12巻 実写化するので読み始めたけど演技難しそうだな~~

映画から入ったが、ずいぶん早くに映画の部分が終わりそう つまり、映画での先の話がありそう

13 彼氏彼女の事情

完結済 巻数 : 21

51QWB30CRXL

あらすじ・ストーリー
雪野は、成績優秀・品行方正の優等生。だが、実態は虚栄心の塊「見栄王」だった!ある時、雪野はクラスメイトの有馬に本性を見抜かれてしまうが、実は有馬も偽りの優等生だった―。人間の弱さや汚さや醜さ、そして純粋さをも教えてくれる。単なる学園ラブコメと侮るなかれ。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

ジャンル…ラブコメディ~シリアスラブストーリー 出版社… 白泉社 完結済み アニメ…あり 全巻購入済み あらすじ・・・ 県自他共に認める成績優秀・スポーツ万能・容姿端麗の優等生のだけど、実態は虚栄心の塊ヒロインと美形で運動神経に優れ性格も良い、人に好かれるタイプの男子高校生のお話し。 細評(10段階評価) 作画・・・9 内容・・・8 キャラ・・・8 では感想を はじめは完全にラブコメジャンルだったんですが、後半はシリアスラブストーリーに移行してます^^ 鬱展開に近いものも含まれ、純愛が好きな人にはたまらない作品だと思います。 個人的には結構好きですね(笑) 若干ですが、途中でテンポが悪くなったらり、えっ?って展開があります。 でも、普通に面白いんですよ。ネタバレはしたくないのであまり詳しくは言えませんけど(苦笑) 決してつまらない作品ではないので気が向いたら読んでみてください。 アニメもあります。 が、アニメは非常に中途半端で終わっていますので、お薦めはしません。 時代が若干古いので、これから読む人はその事を念頭においてくださいね。

成績優秀、文武両道、容姿端麗、向かう所敵無しな優等生「宮沢雪野」は、実は虚栄心の塊で他人の称賛・衆目を集めることに弛まぬ努力を集めることを生きがいとする“見栄王”だった。 そんな彼女の前に現れた「有馬総一郎」は、念願だった新入生代表の座を奪った上、美形で運動神経バツグン、性格も人当たりも良い本物の優等生だった。 目の上のたんこぶである有馬総一郎を超えるため血の涙の努力を続け、ついに学年一位の成績を得た雪野だが、有馬の反応に寂しさを覚える。 そんなある日、有馬から告白を受ける。 告白を断り優越感に浸る雪野、だがある晩ちょっとした油断から、雪野は総一郎に、取り繕っていないラフな自分を見られてしまう。 そしてすったもんだ後わだかまりも溶け、二人は事情を抱えた彼氏彼女となる話。 メインはこの二人の話で、特に彼氏側は大きな闇を内に抱えており、彼の過去を乗り越えるエピソードが本作のメインエピソードとなるのですが、二人以外のサブキャラクターも各々が各々の事情を抱えていて、それぞれが悩み、苦しんで愛を育んでゆくその様が本作の見所となっています。 サブキャラクターのエピソードや学校行事を消化する少女漫画にはよくあるパターンとなっていますが、ダラダラ続く感じではなく、ラストまで中だるみなく勢いを保ったまま続き、そして登場人物一人残らずハッピーエンドで終わりました。 いろいろうまく行きすぎじゃないかとも思いましたが、それだけの能力があり、苦労、出会いを彼氏彼女たちはしてきたことを感じられるストーリーとなっています。 ちなみに私は男子校で運動部だったので、運命の出会いも押しの強い彼女も甘酸っぱい思い出も無い、彼氏だらけの事情で、本作を読むと自分の青春が悲しくなってくるため、そういう意味で一部の方にはおすすめできないです。 アニメもおすすめです。私はアニメから入りました。 ガイナックスの主張が激しいできになっていますが、マンガの勢いにガイナックスののりが噛み合っていて、楽しい作品になっています。 ただ、アニメは途中でぷっつり切れる終わり方になっていて、メインストーリーの有馬の話までいけなかったので、ちゃんと完結までみるならマンガのほうがいいかと思います。

ようやく読み終わったーー リアルタイムで読んでたけど、数巻だけやって まさかこんなに奥が深い話やとは思わんかった。 最後よくまとまってて良かったなあ まとまり過ぎなとこもある気がしたけど あとやっぱり画が… たまに誰なんか見分けつかんかったり… なんで総一郎が出来たんかずっと謎やったけど、親の話になりめっちゃ納得やった こんな家もあるんやろなあ

14 神様はじめました

完結済 巻数 : 25

519w-YER5aL

あらすじ・ストーリー
父親が家出し、住む家もなくした女子高生・桃園奈々生の前に現れた怪しい男。「奈々生に家を譲ろう」という男の言葉を信じて彼の家を訪ねると、そこは廃神社!怪しい男の正体は、土地神ミカゲだった!!奈々生は神社を譲られるかわりに、神様の仕事を任されてしまって!?

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

アニメを見てから原作を、って思ってはみたものの、ちょっと巻数が多くてまだ手をつけられずにいる。。。

lwPbbwRCTQxsz6WfRroZIf05fMIrd9IP

たていわ。

巴衛の過去の秘密がとにかく良い!

ボリューム満点【人×人外スペクタクルラブストーリー】 最終話読後の幸福感が凄いんです。 愛と勇気、希望、友情、劣等感、禁忌、神話、神・人・妖、この世と天と黄泉、現在過去未来。そして出会い別れ再会。 あらゆる要素が盛り込まれているのにしつこさは微塵もなく全てが繋がっていて更にまだまだ物語が続いていく余韻のある作品です。 漫画って視覚で刺激され一喜一憂するもので、 読後に物語全体を思い返すと平面で印象的なシーンが切り取られたり加筆しました的な派生の番外編がありつつラストへ向かう直線的な印象をもつ物語が多い気がしているのですが、この物語は立体的に感じてます。 勿論印象的なシーンも多々あるのですが、ステージがガラリと変わるせいか直線的ではないんです。 ヒロインの奈々生は真っ直ぐ過ぎるのに何故(^^; そんな跳ねっ返りの影響力が縁となり円となっていく波紋がまた凄い。 ステージ毎に色んな人や神や妖も出てきてその登場人物達のその後も後々垣間見れるので、登場人物が増えていく長編に有りがちな「あの人その後どうしてるの!??」というモヤモヤも少ないと思います~ でも続編あれば読みたい……笑 そして…何より巴衛が凄すぎる~!美しすぎる~! 出来る神使であり強くて妖艶な妖弧だなんてほんと堪りません~!! どんな表情も仕草も素敵なんです笑笑 強く美しくてなんでも出来るからプライドも高くて素直じゃない、でも紳士で心根優しいそんな巴衛が少しずつ素直になっていく変化も見所の一つです♪ 「飽きるほど愛してやるから…」なんて言われてみたい…! 出来るイイ男でありながら態度は大きくても鼻にもかけず痒いところにも手が行き届くスマートさ、 そして愛する者への溺愛ぶり、 乙女心擽られる夢のあるお話です★

15 capeta

完結済 巻数 : 32

51leAlAQ6PL

あらすじ・ストーリー
幼い時に母を亡くした平勝平太(通称・カペタ)は、仕事が忙しい父に対して、気丈にふるまうものの、友人の安藤伸(通称・ノブ)や鈴木茂波(通称・モナミ)と遊びながら、退屈な日々を過ごす小学4年生。カペタの唯一のあこがれといえば、かっこいいクルマ…。そんなある日、父が仕事先から持ち帰った“ある物”が、カペタの運命を大きく変え、彼を未来の“戦場”へと導いていく!! 熱闘レーシングロマン、堂々の幕開け!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

モータースポーツを題材にした作品。 作者の曽田正人といえば、本作の前は天賦の才能を持ったバレリーナを主役に描いた『昴』という作品を描いていましたが、本作はまた全く畑違いの業界となっています。 主人公「平 勝平太(カペタ)」と、生涯の友となる「安藤 信」、「鈴木 茂波」の幼少期から物語が始まります。 カートとの出会い、ライバルでありカペタの目標となる「源 奈臣」との出会いが描かれ、初めてのジュニアカートの参戦。 中学生、高校生と成長するに連れ、つきまとう資金繰り問題やアクシデント、ライバルたちとの切磋琢磨が描かれ、そして、F3マシンで最も有名なレース「マカオグランプリ」への挑戦が描かれています。 登場するレースやレース場は実在のものが多く、オートスポートに詳しいわけではないのですが、本作で色々知ることができました。 チューニングやレーシングテクニックは元より、スポンサーありきだったり、早くてうまいレーサーがF1マシンに乗れるわけではないといった事情についてもわかりやすく描かれています。 また、内情も描かれていますが、割合的にレースの描写が多く、コンマ2桁以下のタイムを争うレーサーたちの思考描写が壮絶です。 サーキットレースはある程度、相手が不利になるような行動が認められていて、反則として明確になっていない限り、当然の戦略としてそれを行います。 また、最高速度で270km/h出るというF3でクラッシュをすると命にも関わる、そんな中で勝つために走る彼らの争いはまさに戦争でもやっているかのようでした。 モータースポーツは、とにかく熱くて激しい業界なんだと感じました。 自動車レースを観戦したことはないのですが、本作で興味が出たので、次のスーパーフォーミュラ・ライツは見に行ってみたいと思いました。 全32巻で完結していますが、最後はF1まで行かず、引き続きヨーロッパのレースで活躍する熱意を燃やすという終わり方になっています。 カペタに恋心を寄せていたキャラはフェードアウトし、留学した信の活躍も無く、やや中途半端な感じを受けました。 打ち切られたのかな、とも思いましたがそういうわけではなく、予定していた終了タイミングだったそうです。 ただ、やはりマカオで成績を上げたなら、次はF1参戦して欲しいところ、同作者の『昴』も、後年続編が描かれたので、本作もいつか続編があるといいなと期待しています。

16 彼方のアストラ

完結済 巻数 : 5

51nLuqCH3KL

あらすじ・ストーリー
宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

やっぱりこの作者のギャグ、僕は大好きだな。 宇宙で遭難って重いテーマで、実際重いんだけど、話しの合間合間にギャグを差し込んでくるせいで 割りと明るい作風に仕上がっている。

マンガにも『旬』がある、と思う。『旬』すなわち、そのマンガを一番面白く読める時期。この『彼方のアストラ』についていえば、それはまさに「たった今」です。 宇宙進出が進んだ時代、課外活動の惑星キャンプに向かった9人の少年少女たち。ところが、正体不明の球体に襲われ、遠く離れた宇宙空間に投げ出されてしまいます。なんとか宇宙船・アストラ号に避難した彼らですが、待ち構えるのは星々を巡る苦難の旅路。なぜ彼らは漂流しなくてはならなかったのか?そして、彼らは無事に帰還できるのか? 少年ジャンプ連載『SKET DANCE』の作者による、SF版『十五少年漂流記』ともいうべき本作。未知の星々を探検するアドベンチャーと、宇宙漂流の理由を探るサスペンスを物語の縦糸に、個性的な仲間たちが織り成すドラマと軽妙なギャグを横糸に編まれた中編です。 特筆すべきはバランスの良さと構成力の高さ。すっきりとした画風や肩の力の抜けたギャグ、淡いラブコメ要素で読みやすさを確保しつつ、展開のスピード感で読者の心をガッチリ掴みます。ハードSFというよりはジャンプ的少年漫画色が強めで、老若男女がとっつきやすい一方、映画『インターステラー』を思わせる過酷な宇宙の描写には思わず手に汗を握らされたりも。 ここまで読んで、「手垢のついた宇宙漂流ものを優等生的に描いただけなんでしょ」なんて斜に構えちゃった、めんどくせーマンガ読みのあなた。そんなあなたにも、とりあえず手に取ってみてほしい。どうせ今んとこ4巻しか出てないし、よゆーよゆー。読んじまったが最後、作者のストーリーテラーとしてのしたたかさに下をまくことになるぜ!きっとな!たぶんな!そうなってくれればいいな!覚えとけよコノヤロー! 冒頭で私、今が旬って言いましたね。このレビュー投稿時点で既刊は4巻。ほんの少しネタバレになるけど、この4巻で物語に一つの区切りがつきます。これまでの丁寧な描写から、作者が過不足なく、非常にクレバーに物語を編んでいることが実感できる。そして、掲載サイト『ジャンプ+』上でつい先日、今月(2017年12月)末の完結が発表されました。彼らの旅がどのような素晴らしい完結を迎えるのか、(そうはいっても不安になりながら)楽しみにしています。私と同じような読者が、少しでも増えることを祈りつつ。 (最終巻が2月上旬発売!)

SKET DANCEの作者、篠原健太のSF作品。 無作為に集められた9人の高校生が、惑星キャンプの最中に謎の球体に吸い込まれ宇宙空間に投げ出されてしまう。 偶然近くをさまよっていた無人の宇宙船にメンバーは辿り着くが、そこは遥か5012光年も離れた場所だった。 水と食料が限られた状況下で彼らは、水と食料が調達可能な星をステップすることで、帰還が可能であることを確認。 帰還に向けて宇宙航路の旅が始まるという展開になっています。 少年たちが宇宙に投げ出されてサバイバルをしながら帰還を目指すこの手のジャンルは既に散々手垢が着いていて、今更何をやっても目新しさを感じないと思っているので本作も全く期待せずにページをめくったのですが、これがすごく面白かったです。 先人は多々いますが名作が多く描くのが難しい内容なので、本作も中途半端に冒険譚、友情譚だけ描かれて終わるんじゃないかと思ったのですが、全然そんなこと無く、全編にわたりプロットが綿密に作り込まれていて、伏線回収も見事でした。 普通に本作原作で洋画で映画化されたらヒットしそうな内容で、ワンクールアニメ以外に大したメディアミックスがされておらず話題にならないのはもったいないレベルだと思います。 SF的な作品ですが、ミステリー要素もあり、メンバー達の過去、奇妙な符号、謎の球体やたまたま浮遊していた宇宙船の謎など、きちんとした説明があり、たったの5巻という短さの中に全て収められているのもすごいです。 また、作品によっては一週間も持たずに殺し合いが始まりそうな状況ですが、笑いを交えてライトに読めます。 文章量もそれほど多い印象は無くて、テンポが良く、非常に読みやすいです。 ストーリーは壮大、なのにあくまでスポットは少年たちにあたっていて、世界がひっくり返る秘密が詳らかになった後も、「そんな事より恋バナが大事」みたいな雰囲気を崩さなかったのも良かった。 すごく良い作品でした。 SKET DANCE未読なので、そちらも読んでみたいと思います。

17 株式会社マジルミエ

連載中 巻数 : 6

61JUxFFMvsL._SL500_

あらすじ・ストーリー
この漫画のあらすじ・ストーリーがわからなくてみんな困ってるにゅ! 知ってたら助けて欲しいにゅよ~

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

※何回見ても「マジカルエミ」と読んでしまうのは俺だけか? 主人公は就活中の女子大生(童顔ツインテール)。彼女が企業面接している最中、突然現れた"怪異"によって面接会場はメチャクチャに… すぐに怪異退治を生業とする魔法少女が来ても予想以上の敵の威力に太刀打ち出来ず危機に陥ってしまう。そこへ正義感あふれる主人公がサポートに入り無事に"怪異"を倒す…というのが導入部分。(単行本第1巻表紙で雰囲気が分かると思う) なしくずし的に株式会社マジルミエに就職することになった彼女だが、研修期間もなくいきなり出撃するというお馴染みのパターン。魔法については素人の彼女だったが、直前までマニュアルを熟読するという真面目な性格と記憶力の良さから、戦闘中に魔法ホウキの隠し機能を思い出してぶっつけ本番で魔法を実行して社会人一日目を勝利する… という感じで、出だしは魔法少女モノというよりは巨大ロボットに無理矢理乗せられる一般民間人的な話であり、この展開はとても泣ける。 また本作品では魔法少女モノでありながら怪異退治というビジネスの面にも焦点を当てているのが特徴である。例えば、事前に作戦を立てようとする主人公に対して「まずは現場を見てこい」と指示したり、自信のない部下に対しては「弱い部分は別の人間が埋めればいい、それが会社だ」とアドバイスしたりと、この会社の社長の言うことがとてもわかり易く、ビジネス入門書としても成り立つのではと思うほど名言が出てくる。 なお本作品は『少年ジャンプ+』で無料公開されているというのも素晴らしい。『SPY×FAMILY』同様いつの日かアニメ化されることを期待したい。 - - - 2023/03/29追記 - - - - 以下に本作品の特徴を箇条書きした。参考にしてほしい。 ・魔法はソフトウェア工学の1つでプログラムにより実行される。 ・魔法少女は魔法によりコスチュームが変わるだけで中の人は変わらず。 ・魔法ホウキは空を飛ぶための機械であるばかりでなく、魔法(=プログラム)を実行するための情報機器でもある。 ・魔法少女は社会人女性しかなれない。※以前は未成年の"少女"でもなれたという設定あり ・日本には怪異退治を目的とした魔法少女企業が500社以上が存在している設定。 ・主人公が就職した株式会社マジルミエは総勢5名のベンチャー企業。 この中で一番の特徴は"魔法はプログラムである"ということで、株式会社マジルミエはこのプログラム作成に長けた企業であり、戦闘中にコーディングして魔法ホウキへ転送をするという離れ業ができる凄腕プログラマーが在籍している。

魔法少女の物語ではありますが焦点は主人公達の所属がベンチャー企業って所だと思います。切り口が面白いです。

18 神さまの言うとおり

完結済 巻数 : 5

513ZZKfp85L

あらすじ・ストーリー
教室が戦場に!巨大なと圧倒的な恐怖――!高畑瞬(たかはた・しゅん)16歳、男性。幼い頃から物静かでマイペースな彼は、自らの人生を退屈だと感じるようになっていた。――だが、しかし、唐突に訪れた日常との決別。それは神罰か、神からの贈り物か!?「生きる」ために、今までの俺を「殺せ」!“だるま”が、“ネコ”が、退屈だった日々をブチ壊す!傑作カタストロフィ・サスペンス!!!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

マガジンによくあるデスゲームものです。弐に続くので続編を読むならまずはこちらから読むことをお薦めします

19 ガラスの仮面

連載中 巻数 : 49

51ZFV206MEL

あらすじ・ストーリー
長編演劇少女漫画。凡人の天才とサラブレッドの天才が演劇界で頂点を競う!行く手には様々な困難が待ちうけ、数々の仲間と敵が現れます。演技に全く興味がなくても、その熱さで引き込まれる漫画です。演技の他にもう一つ、恋愛についても数々のドラマが展開されます。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

この漫画最近知ったんですが、やばいくらい面白いですね。 自分が生まれてくる前から連載されてるって知って更にビックリ! この作品のことは↓で知りました。 21世紀に残したい少女漫画100 http://kajipon.sakura.ne.jp/manga-d.htm

自分の棚では妙に浮いてる存在のこの作品。 どこからどう見ても少女漫画なんで普段は多分読まないんだけど姉貴が全巻持ってたのを少々拝借して見てみたら 結構面白くてビックリ。 内容は一言で言えば平凡な主人公が演劇という特殊な世界に身を投じる話。 まぁ平凡と言っても演劇の才能は当然持ち合わせているし見た目も作中じゃ散々平凡と言われてるがどう見たって平凡以上に見えるのは少女漫画のお約束なんだろうか。 その演劇の世界の中で親子愛や師弟愛 仲間との友情や恋愛模様 ライバルとの関係等が描かれている。 上記のどのエピソードも基本的には良く描かれており中々見入る。 個人的には中盤辺り?どの辺りだったか忘れたが主人公と母親の親子のエピソードが泣けた。 あのシーンは今でも割りと鮮明に覚えている。 また恋愛作品ではない作品の恋愛模様はたまに邪魔に感じることもあるがこの作品に限ればそれは一切無かった。 誰とそういう関係になるのかはネタばれになるんで書けないが見ててここまで微笑ましいというか上手く行って欲しいと思える関係は中々ない。 ライバル亜弓さんのキャラが非常に良いのも特徴。 話が進むごとにどんどん好きになっていく努力の人。 正直主人公よりこっちに頑張って欲しいと最近思い始めた。 最大の問題点は人類が滅びるまでに完結するのかどうか誰にも分からないこと。 おそらく現時点でかなり終盤というか大詰めに来ているのは間違いないとは思うのだが描くのが遅い。 それ以外では結構な良作なんでお勧めしてみる。

20 神様がうそをつく。

完結済 巻数 : 1

51-Q7l17hjL

あらすじ・ストーリー
転校先の学校で、同級生・理生(りお)の秘密を知ったなつる。少年と少女の、幼い恋と冒険の物語。――七尾(ななお)なつるは東京から転校してきた小学6年生。クラスの女子に無視され、サッカーチームの新任コーチともソリが合わない。そんな時、大人びたクラスメイト・鈴理生(すずむら・りお)の、誰にも言えない秘密を知ることに……。夕立、お祭り、「とうふ」という名の白い。小学校最後の。ふたりの、ひそやかな冒険が始まる。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

表紙のイメージ通りのキュンキュンするボーイ・ミーツ・ガールと思いきや、 物語は中盤以降で急展開します。 ネタバレ厳禁の作品だと思うので詳細は語りませんが、 そこからタイトル回収へ繋げていきます。 なつるが「サッカー合宿に行く」と言った嘘と 父親がなつるについた嘘には共通する想いがある。 だから母親は息子の成長を感じ、彼を責めないのです。 子供はとても狭い世界で生きています。 年を重ね世界が広がるにつれて、無垢のままではいられなくなる。 大人になることの物悲しさが表現されたマンガだと思います。 最後の理生からの電話、それをそのまま受け取るか嘘と解釈するかで印象が変わるでしょう。 1冊完結ながら余韻残る作品です。

中盤の展開はまったく予想していなかったので 読んでて一瞬固まりました 全1巻で構成も良くて 面白かったです。 尾崎かおり先生の 他の作品も読んでみたいなと思いました。

1巻完結の漫画です。ですが厚めなのもあり、ボリューム・内容ともに大満足です。 小学生の時ってこんなに強くてこんなに行動できて、でもこんなに無力だったよな~って、思いました。 特に最後の方で主人公の男の子がお母さんに問いかける質問は、私だったらどう答えればいいんだろう、と悩みました。 夏休みに読みたい漫画です。

21 神さまの言うとおり弐

完結済 巻数 : 21

6183FJDrFEL

あらすじ・ストーリー
「生きる。」それだけがルール。ありきたりの日常が、「だるま」の出現で儚くも崩れ去る。それでも生きろ。生きてみせろ。死にたくなったことのある全ての人に贈る、「生」の物語! ――別冊少年マガジンの超人気カタストロフィ・サスペンスが週刊少年マガジンに移籍し、完全新作新連載! 第壱部『神さまの言うとおり』の同日・同時刻に始まる世界中で起こる“試練”!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

22 学園アリス

完結済 巻数 : 31

51R2MEBRZEL

あらすじ・ストーリー
小さな田舎町で育った蜜柑は、突然都会の学校に転校してしまった大親友の蛍の後を追う。その学校には1度入学すると、卒業するまで外には出られないという噂があった。 向かった蜜柑が辿り着いたのは、天賦の才能=『アリス』を持つ者のみが通える究極の一芸入学の学校『アリス学園』だった。 学園の暗部や出生の秘密に翻弄されたり、芽生え始めた恋心に戸惑ったりしながらも、蜜柑は友達と共に数々の困難に立ち向かっていく。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

途中までは面白かったが、 お母さんが出てきて、その後の展開から難しくなり 読むのをやめてしまった。 最終巻が出たということで 最終巻だけ読んで、「ふむふむ」とわかったつもりになって終了した。 ただ、学園祭とかとても面白かった。 それゆえに後半のスローペースと鬱展開。 そして背後関係のよくわからなさがちょっと残念。

序盤のみかんが周りに認められていくまであたりと過去編の先生の話が好き。 好きなキャラは心読みくんと特力系の人達。

アニメを見てはまりました 学園ものですがスケールが大きく感動した作品です 好きなマンガのトップ10には入ります

23 カラダ探し

完結済 巻数 : 17

41IUTLPMZsL

あらすじ・ストーリー
【「少年ジャンプ+」人気No.1サバイバルホラー!!】友人の遥から「私のカラダを探して」と依頼された明日香たち。それは、学校に伝わる“赤い人”の怪談を予感させるものだった――。早くすべてのカラダを見つけなければ、永遠に同じ日が繰り返され、何度も“赤い人”に殺されると言うが…。

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

noimage_user

名無しのマンガ好き

小説の方は読んでいたので、絵がある分より面白いです。

『リング』の貞子のようなキャラ他にいないかな?と探してた時に見つけました! 怖いけれど面白くて続きが気になり、原作の小説を一気に読み、今では大好きな作品です♪

ある県立高校に伝わる怪談に「赤い人」という話がある。 それによると「赤い人」は放課後の校舎に現れ、「赤い人」に遭遇してしまった者は体を八つ裂きにされて校舎に隠されるという。 ある日、クラスメイト「三神 遥」に『体を探して』と頼まれた「森崎 明日香」たち6人は、その晩、0時になると同時に、気がついたら校舎に集まっていた。 校門からなぜか外には出れず、誘われるままに校舎内に入る6名だが、突然現れた血まみれの少女「赤い人」に、明日香は首をねじ切られ殺されてしまう。 が、次の瞬間には自分の寝室で、同日の朝だった。 全ては夢かと思った明日香の首には、鈍い痛みとアザがくっきりと残っていた。 "赤い人から隠れながら遥の体をすべて集めるまで同じ日のループを繰り返す"というカラダ探しに巻き込まれた高校生たちの奮闘を描いた作品。 デスゲーム系のサバイバルホラー作品ですね。 序盤は謎の存在「赤い人」に理不尽に殺される恐怖、赤い人の歌声が聞こえてくるのを息を潜め、気づかずに通り過ぎるのを祈る描写など、しっかりしていて引き込まれます。 なお本作中、カラダ探しは3回行われるのですが、2回目以降は過去の経験者が引き続き参加するため、赤い人自体に対する恐怖、そもそも夜の校舎を探し回らないといけないという不気味さは低下し、"一定のルールが定められた空間から抜け出すために奮戦する展開"が残る感じになります。 中盤以降はそもそもカラダ探しが始まった理由、赤い人とは何かという謎を解くために動き出すストーリーの収束に向けた展開となるため、個人的には序盤のほうが好みですが、設定のみの内容ではなくストーリーも含めて楽しめる作品と思いました。 ただ、過去のストーリーと現在行われているカラダ探しとの絡みがややこしく、なぜそうなったのか途中でよくわからなくなりました。 また、原作のWeb小説では"第二夜"と"最終章"の間があるのですが、マンガ版はそこがタイトルを変えて別になっているためか、"第二夜"ラストと"最終章"でつながっていない感じを受けました。 ラストはご都合主義すぎる感じがありますが、そこについてはひどい目にあったけどまるっと大団円としていてで良かったと思います。 原作のWeb小説で飛ばした部分の別タイトルの作品(カラダ探し 解)も読む予定です。

24 かくかくしかじか

完結済 巻数 : 5

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

2015年のマンガ大賞受賞作。東村アキコさんの自伝的内容で、絵の師匠・日高先生との関係を軸に描かれており、所々感動的ではあるが、所々胸糞悪いw 間違いなく読む人を選ぶ作品だと思う。

みんな言う通り読む人を選ぶよ。僕は泣いた。んで、ちょっと普段を頑張ろうと思った

2015年漫画大賞受賞作品。 作者の自伝エッセイ漫画。 ノンフィクションで描かれてる内容だからか そこにエンターテインメント性はまったく感じない。 読む人を選ぶ作品だと思う。 正直、これが漫画大賞なのが謎。 他の漫画大賞が面白いだけに近年の本屋さん大賞みたいな 営利目的の賞にならないことを切に願う。

25 会長はメイド様!

完結済 巻数 : 18

51WJGYVJJ9L

あらすじ・ストーリー
放課後はメイド喫茶アルバイト!男嫌いな美咲も優しく助けてくれる碓氷に、警戒しながらも徐々に惹かれる。男子のアプローチに超ニブイ美咲も可愛くて笑ってしまう。メイド姿に癒されます!

この漫画を読んだ人のおすすめ記事ピックアップ

途中からペースダウンするのがもったいなかった。 初めの方がとても好きだったのに・・・

とても面白い作品・・・・途中までは。正直に言うとあきました。

アニメ視聴済み。 最強コンビの恋愛漫画♪ 犬猿の仲の二人が織り成すドタバタラブコメ♪ 主要人物があまりにも大人びてる(笑) こんな高校生(たまに中学生)居ないだろって思うけどこの漫画は最後までそこを貫いてキャラぶれとかしてないから面白く読めました♪

4,421件中 1〜25件目を表示

該当掲載作品

4421作品

連載状況

巻数

成分タグで絞り込む

すべてみる

作者名で絞り込む

すべてみる

雑誌名で絞り込む

すべてみる

出版社で絞り込む

すべてみる

発売時期で絞り込む

すべてみる